2016年03月14日

10年ぶりに復活3

サニトラの室内に付けたピラーバーが
丁度、僕の後頭部を攻撃するので
運転中、悪路に入ると後頭部を殴打され
意識を失いそうになるので
これはきっと弟の悪意ある罠だと感じた。
取合えず何か対策を考えないと
運転中に意識を失いかねないし
身の危険を感じる。


10年熟成H号火入れ

集合管専用センタースタンドを取付ければ完成形になり

火入れが出来ると思っていたけど

マフラーブラケットが無いので付けれないと断念したのだけど

10年熟成H号メインスタンド、マフラー取付け (1)よくよく考えれば、火入れには

問題無いので作業を継続。

仮のセンタースタンドを取外して

集合管専用スタンドをセット。

10年熟成H号メインスタンド、マフラー取付け (2)ヨシムラタイプのマフラーを

取り付けれたので

これで火入れが出来ますね。



10年熟成H号メインスタンド、マフラー取付け (3)センタースタンドを取付ける為に

398タイプフレームにはマフラーブラケットが

必要になって来るのです。

このままだとドライブチェーンに干渉しますね。

10年熟成H号メインスタンド、マフラー取付け (4)これでマフラーはセンタースタンドとは

干渉しなくなりました。

メンテナンス性も向上、バイクの為にも

良いですね。

10年熟成H号火入れ復活 (1)ガソリンタンクには新しいコックを付けて

ガソリン漏れが無いかをチェック

その間に火入れの準備。



10年熟成H号火入れ復活 (2)火入れ準備も完了して

新しいFCRにハイオクガソリンを

流し込みます。

少しぐずられてセル5回で

10年熟成H号火入れ復活 (3)無事復活した熟成号。

エンジンも機嫌良く動いてくれます。

オイル漏れなどのチェックを済ませて



10年熟成H号火入れ復活 (4)点火時期の調整を済ませて







10年熟成H号火入れ復活 (5)発電充電系のチェック

ヨシムラのテンプメーターの表示と

バッテリーで発電量を測定すると

約1Vの表示誤差がありました。

10年熟成H号火入れ復活 (7)レギュレーターもちゃんと生きてました。

15V付近で制御しているので

発電も充電も問題無いでしょう。



10年熟成H号火入れ復活 (8)FCRがちょっと愚図るので

ASを調整してみました。

最近同じような症状が出るので

ケイヒンの詰めが甘いのか?

FCR不調気味アイドリングの落ちが悪いし

バックファイヤーからのエンストが

最近のロットではちょくちょくあるなぁ?

SJが小さいのか?と

ビトーに問合せてみた回答は「それも含めてセッティングをして下さい」…

との事だったので、ASの調整とMJの交換とSJの交換はデフォルトらしい…

取合えず火入れは終了、後は少しの部品待ちです。

それとガソリンタンクキャップは、エアーの取り込み口が詰まっているので

タンク内が負圧になり、ガソリンが落ちないので、やっぱり交換ですね。


愛媛T号作業開始

箱詰めされた部品ケースの中から黒物を探し出しました。

フレームは補強するのかなぁ?全然打合せしてないのか

僕が覚えていないのか…何よりも塩害対策をしないといけないのは覚えてます。

愛媛T号黒物検索取合えず部品を探すと

エンジンハンガーはアゲイン製だったのですが

ステップ、スイングアームもありませんでした。

ブレーキ関係、足回りも見つからなかった。

エアークリーナーのサイドカバーブラケットも見つからなかったし

ヘッドライトステーは曲がっているので使えないなど

どうやって進めて行こうか迷っている所です。

愛媛バラバラT号エンジン測定準備 (1)取合えずエンジンの測定からでも

始めて行こうと思い

大量に詰まれた箱から

必要な部品をピックアップ

愛媛バラバラT号エンジン測定準備 (2)シリンダーヘッドとシリンダー

ピストンも発見!

ブラスト後に測定する事にします。



愛媛バラバラT号エンジン測定準備 (3)クランクとコンロッドも発見!

ボルト類も幾つかあったけど

何か足りない気もするけど

取合えず一点づつチェック。

愛媛T号フレーム簡易測定 (1)まずはフレーム、見た目でシートレールが

曲がっている様に見えるので

簡易的ですが目安にはなるので

アナログ的測定方法です。

愛媛T号フレーム簡易測定 (2)左から測定すると

約90mm





愛媛T号フレーム簡易測定 (3)左から測定すると

約85mmなので

半分の2.5mm程度でした。

シートレールはこんな感じです。

フレームその物が曲がって居る訳ではないのですが

殆どのフレームはこんな感じですけど、どうしましょうかねぇ…


サニトラピラーバー取付け位置調整

多分弟の悪意ある罠によって取付けられたサニトラのピラーバー

サニトラピラーバー取付け位置調整 (1)後頭部を強打しない用に

取付け位置を少しでも後ろへ

ずらす事にした。



サニトラピラーバー取付け位置調整 (2)これでもまだ場合によっては

軽い脳震盪程度の衝撃は

あるかも知れないので

ネットで調べて、ピラーバーパットを購入した。

届いたら弟に取付けてもらう!

peke_cb400f at 18:00│Comments(2)TrackBack(0) レストア | エンジン

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 愛媛T号   2016年03月14日 23:34
5 お世話になっております。
メールを送りましたので確認をお願い致します。
2. Posted by PeKe   2016年03月15日 16:16
5 > お世話になっております。
> メールを送りましたので確認をお願い致します。

本格的にやりますよ!!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔