2016年02月05日

そろそろ来たか!3

これからの時期、暖かくなると
悩まされるのが花粉症。
今朝数回のくしゃみが出た…
でも僕には合法ドラッグの近大サプリがあるので
今年も花粉症に悩まされずに済むと思う。

【お知らせ】
第3回徳島絶版バイクミーティング&
第6回西日本ヨンフォアミーティングがジョイントで
2016年5月1日(日曜日)に *雨天決行
徳島県徳島市東沖洲2-14 沖洲マリンターミナル駐車場にて
開催される事が決定しました。
詳細は別途ご連絡いたしますが
GW中のイベントとなりますので
予定を確保して下さい。 


7号機メンテナンス

三代目号の慣らしが終わってしまい

何気に寂しい感じがするので、7号機に乗ってますが

放置気味なので、バッテリーは弱いしキャブも不調だった。

7号機メンテナンス (1)取合えずキャブの不調は

今度時間のある時にでもじっくりと…

まずはエアーチェックから

前後とも1/4ぐらい抜けてました。

7号機メンテナンス (2)バッテリーもメンテナンス充電。

夜走りがメインになるので

しっかり充電しておきます。

乗る事が一番のメンテナンスなので

時間のある時にじゃなく、なるべく毎日乗ります…


大阪H号エンジン測定

オーナーと打合せして、ザックリとした見積もりじゃなく

大阪H号シリンダーガスケット剥がし細かい見積もりをしっかり取ってから

レストアの方向性を決める事になり

見積もりの為に、エンジンの掃除です。

シリンダーはガスケット剥がし。

大阪H号シリンダーウエットブラスト仕上げガスケットを剥がし終えたら

塗装も剥がしてウエットブラストで

測定面を仕上げつつ、全体も綺麗に仕上げ

シリンダーの測定準備は完了。

大阪H号シリンダーヘッド測定準備 (1)次にシリンダーヘッドの測定準備。

バルブやスタッドボルトに

インシュレーターを取り外します。

バルブガイドが若干磨耗している感じなので

大阪H号シリンダーヘッド測定準備 (2)後で測定してみようと思います。

特にIN側のガタツキが大きい感じ。

INポートもえらい真っ黒ですねぇ…



大阪H号シリンダーヘッド測定準備 (3)ヘッドもリムーバーでガスケットを

剥がすついでに

雑い塗装も剥がす事にします。



大阪H号シリンダーヘッド測定準備 (4)サクッとブラスト完了。

早速測定に掛かります。





大阪H号シリンダー&ヘッド測定 (1)まずはシリンダーの測定。

歪みは規定値内なので

判定は良!



大阪H号シリンダー&ヘッド測定 (2)次にシリンダーヘッドの歪み測定。

歪みは規定値内なので

これも判定は良!なのだが…



大阪H号シリンダー&ヘッド測定 (3)バルブガイド全8箇所中

7箇所が判定否…





大阪H号シリンダー&ヘッド測定 (4)ヘッドカバーの取付けボルトも

全19箇所中8箇所がNG

残りは全部ヘリサートされていました。



大阪H号見積もり調査 (1)先日オーナーと打合せした時に

フレーム関係の方をどうするかと言う

話になったので、コストを押える方向で作業を

進める様な形で考える事になっていますが

大阪H号見積もり調査 (2)フロントフォークのインナーもこの通りなので

ほぼほぼフルレストアっぽくなりそうで

フレームは分解して使えるか使えないかの

判定が別に必要な部分が多少あると思います。

取合えず、MAXで見積もってみました。

大阪H号クランクコンロッドチェック (2)見積もりも大方出来たので

クランクを取り出してチェックします。

コンロッドを取外しました。



大阪H号クランクコンロッドチェック (3)コンロッドメタルは我慢すれば

使えるかなぁ…ボルトも使えない事はない…

でも、ボアアップするのなら

交換する方がベストですね。

大阪H号クランクコンロッドチェック (4)ところが…

コンロッドの小端に激しいダメージが…

特に#2と#4はかなりカジってます。

#1も軽くカジってますが#3は大丈夫。

大阪H号クランクコンロッドチェック (5)この画像で見るよりも

ガサガサにカジっているので

コンロッドも交換しなってしまいます…

意外とボディブローが効いてくるエンジンです…



peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) メンテナンス | エンジン

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔