2016年01月29日

雨のCPのPIT3

昨日の晩ご飯は鍋だったので
丁度タイミング良く頂いた牡蠣を入れて
牡蠣鍋にグレードアップ!
久保田の萬寿もグイグイ進み
危うく飲み干す所でしたが
牡蠣鍋を美味しく頂き、お腹が満たされたので
無事に久保田も、三日持つ事になりました。
今夜は真珠貝の貝柱で久保田を退治する予定です。
焼き牡蠣も美味しかったです。
ありがとう御座いました。

【追記】
オイルキャッチタンクは完売になりました。
次回の製造は未定です。


闘魂号エンジン続き

昨日は閉店間際まで闘魂号のエンジンの仕上げ作業をしてました。

闘魂号シリンダーヘッド搭載 (1)シリンダーヘッドを搭載して締め付け。

このまま出来上がってしまうぐらいの

勢いで作業に集中してましたが

あ!忘れてた!

闘魂号シリンダーヘッド搭載 (2)ヘッドカバーはクロームメッキに出していて

まだ仕上がって無く、戻っても来ていない…

カムを乗せるだけにして

昨日の作業はここまで。

闘魂号キャブ組立て (1)そして雨の日の今日は

エンジン組立て室に引き篭もり

キャブの部品のメッキが仕上がってきたので

シコシコと組立て作業をします。

闘魂号キャブ組立て (2)まずこの汚れたボディの洗浄。

ウエットブラストを使うと激しく綺麗に

なるのですが、どれだけ養生しても

通路がダメになるので絶対に使いません。

闘魂号キャブ組立て (3)洗浄用のアルカリ性洗剤を

寒いのでお湯で溶かして

シコシコとブラシで汚れを落として行きます。

余り洗剤に付け過ぎたり磨き過ぎると

闘魂号キャブ組立て (4)キャブのボディの虹色が消えてしまうので

素早く適度に磨き上げます。

超音波洗浄機が欲しいねぇ…

取合えず汚れは取れました。

闘魂号キャブ組立て (5)加工しておいたバックプレートに

再メッキした部品を組付け。





闘魂号キャブ組立て (6)#1のキャブも組み上がりました。

フェルトパッキンは勿論新品

JNも純正新品に交換しました。

これを後3回繰り返します。

闘魂号キャブ組立て (8)それで出来上がったのがこれです。

トップキャップとフロートチャンバーは

メッキに出しているので

キャブもここまでで終了です。


雨の日のPIT

毎回のOFFシーズンの雨の日の光景です。

160129雨のCPピットそれでも今回は少ない方で

合計16台で、その内原付3台

後はフォアばっかりです。

天気予報の的中率が高いので

仕事の段取りも取りやすいので、助かります。

今ここにCBX1000を持込もうと計画している人がいるらしい…

だが!断る!!w


右足修理完了

僕の右足がやっと修理から戻って来ました。

右足修理完了ロック部分が磨耗してしまって

酔っ払うとよく膝が折れて

転倒してたので、これで酔っ払っても大丈夫。

足も随分細くなっていたらしいです。



peke_cb400f at 18:00│Comments(4)TrackBack(0) エンジン | キャブレター

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 燃える闘魂 KOJI   2016年01月29日 19:52
夢が、叶う現実に感謝してます。
本当のノーマルパワー知らないので、
楽しみです。お金かかりますが。。
2. Posted by 従業員10X   2016年01月29日 19:56
さすがに入らなそう、、タイミング間違えたらしばらく無理そうですね〜
3. Posted by PeKe   2016年01月30日 17:13
5 > 夢が、叶う現実に感謝してます。
> 本当のノーマルパワー知らないので、
> 楽しみです。お金かかりますが。。

ま、まぁ費用は仕方ありませんが
それ以上のマシーンを味わえると思いますので
期待してください。
4. Posted by PeKe   2016年01月30日 17:14
5 > さすがに入らなそう、、タイミング間違えたらしばらく無理そうですね〜

やっと分かって貰えたかなw
で、何で従業員に昇格してるのかな?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔