2016年01月21日

臨時休業のお知らせ3

【臨時休業のお知らせ】
明日、1月22日は鈴鹿サーキットで
ニューレーサーマシーンのシェイクダウンの為
臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。


抜糸

手術から2週間が経ち、やっと今日抜糸となりました。

抜糸 (1)内側は溶ける糸なのでそのままですが

外側はホッチキスなので抜糸と言うよりも

「抜こう」と言う方が正しいですね。

そんな感じで

抜糸 (2)7本のホッチキスを抜いてもらい

皮膚の突っ張りも取れて気持ち良いです。

傷口も綺麗なので

後何回か通院すれば、完治です。

因みに今日もアルコールは飲めないので、今日を楽しみにしていたのに

生殺しです…


京都K号試運転

病院から戻ってから試運転に行ってみました。

京都K号試運転 (3)キャブの調子が良くなったので

エンジンの調子が良くなりパワーが出た分

今度はクラッチが滑っている感じです。

リアからの賑やかな音は消えましたが

バックミラーの音が耳障りですねw

これで暫く乗っていると、恐らくクラッチが完全に滑り出すと思います。


浜のK号腰下下拵え

洗浄の終わった浜のK号のクランクケースの下拵え。

浜のK号クランク下拵え (1)リタップ掃除とエアブロー

まずはロアケースからです。





浜のK号クランク下拵え (2)サクサクッとリタップを終えて

エンジンを組立てる下拵えまで

終わらせました。



浜のK号クランク下拵え (3)次、アッパーケースのリタップとエアブロー

これもサクサクッと終わらせて





浜のK号クランク下拵え (4)緩んでいたスタッドボルトを

しっかりとセット。





浜のK号クランク下拵え (5)下拵えまで完了しました。

後は内燃機加工が終われば

組立て開始になりますが

今月中は厳しいですね。


大阪10年熟成H号作業開始

やっと今日から10年熟成H号の作業に取り掛かれます。

大阪10年熟成H号作業開始 (1)何から手を付けて行こうかと

暫く悩みましたが

やはりまず最初はあれからですね。



大阪10年熟成H号作業開始 (2)何をするにもブレーキが使えない。

取り回しも苦労するので

やはりブレーキのO/Hから

作業に取り掛かります。

大阪10年熟成H号作業開始 (4)10年熟成の割りには

フルードの熟成度合いは悪くありません。

保管状態が良かったのか

それともフルードだけ管理していたのか?

大阪10年熟成H号作業開始 (5)でも、キャリパーは固着してしまっているし

マスターからは漏れがあるので

分解するしかありません。

まぁキャリパーの中は水分が溜まってました。

大阪10年熟成H号作業開始 (6)先端に少し大きな錆があるのですが

使えない事も無い

ギリギリの辺りです。

どうしようか…

大阪10年熟成H号作業開始 (9)取合えずマスターもキャリパーも

分解洗浄して何時でも組める状態なのですが

修理とレストアと全く別の作業になるので

オーナーと相談してから進める事にします。

大阪10年熟成H号作業開始 (10)でもやっぱり、ブレーキホースは

交換した方がベストですねぇ。

まだこれからキャブやエンジンの作業が

控えているし、予算もある事なので

じっくりと相談して作業を進める事にします。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) 治療 | エンジン

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔