2015年12月27日

早仕舞い3

今年も残す所今日を入れて後4日。
ヘルニアに始まり、腫瘍で終わろうとしている2015年
忘年会も残す所後3回となりましたが
29日に名古屋で開催されるアニーズ忘年会に
嫁からのNGが出て行けなくなったので
後2回に減りました。
ベホリに合えなくて残念だけど
来年もまた元気に遊んだるわ。


白霧島退治

ここに来てペースがまた何時もの飲み方に戻りつつあります。

白霧島退治白霧島退治。

昨日も気が付いたら空っぽでした。

禁酒開始の1月6日まで

後9日。


闘魂号フロント周り

去年のCBオーナーズミーティングの時に初めてお会いして

車両を見せてもらった時に気になった

闘魂号フロント周り (1)フロントアクスルシャフト。

足回りの事なので

誤組みがあると危ないので

オーナーには「変ですねぇ」と伝えてました。

闘魂号フロント周り (2)よくよく見ると、フロントタイヤは

前から見て右側に寄ってますね。

オーナーも気になっていたらしく

今回ついでに作業となりました。

闘魂号フロント周り (4)じっくりと見ればアクスルシャフトの

カラーの間にワッシャー?。

しかもディスクを止めているボルトが

本来M8なのにM10に変更されてます。

闘魂号フロント周り (6)なのでこの、メーターギヤーボックスの

リテーナーカバーも取り付けれません。

これではギヤーボックスのダストシールが

ホコリで痛んでしまうし、グリスも飛び散ります。

悪く言えば、ステンレスのボルトなので硬いのですが折れます。

まぁM10に変更されているので、大丈夫かな?

闘魂号フロント周り (7)で、タイヤを外してアクスルシャフトを

緩めると、ここもトルク不足で

あっさりと緩んでしまった。

ついでに気になったのでM10に変更された

闘魂号フロント周り (9)ステンレスのボルトを緩めてみると

ここも案の定トルク不足で

やっぱり穴は拡大されてます。

これもディスクが割れる可能性があります。

ボルトはオーナーが純正品だと言ってましたが

闘魂号フロント周り (10)市販のステンレスボルトです。

念の為ホイールの幅を測ってみると

全長が5mm短い事が判明

それでつじつま合わせのワッシャーが

入っていた事が納得しました。

闘魂号スタビライザー装着丁度良いサイズのカラーや

ワッシャーも無いので

フロント周りを分解したついでに

ご依頼のスタビライザーを装着しました。

闘魂号メッキピポットシャフト交換 (1)ピポットシャフトもクロームメッキした

シャフトに交換します。

ここはしっかり締まってました。



闘魂号メッキピポットシャフト交換 (2)「メッキ命」の闘魂号

メッキと言えばCPの銀ちゃんw

多分お互いに刺激が強いと思います。



闘魂号プライマリーチェーンスライダー変形そして何かと問題の多い闘魂号。

エンジンのプライマリーチェーンスライダー

真ん中が凹んで変形してます。

これはエンジンに何か異常があった証拠。

絶版部品なので綺麗に直れば良いんだけどなぁ…

今日は早仕舞いなのでここまで。


サニトラサイドブレーキ調整

日曜日の今日は、朝から弟を呼び出して

サニトラサイドブレーキ調整サニトラのサイドブレーキの調整と

カーナビのスピーカー配線の

不具合調査の強制労働。

今度は春になったらスタッドレスから

普通タイヤに交換をお願いします。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) 部品 | カスタム

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔