2015年12月22日

FCRのアイドリング不調3

FCRの良くある症状で、走行→停止時にアイドリングの
落ちが悪く2.000rpm以上になる症状は
一般的にボディーの磨耗
ガイドローラーの引っ掛かりが主な原因ですが
新品なのにその症状が出る個体もあったので
ビトーさんにそう言う不調のロットがあると言う
報告が上がっているのかを問合せてみました。
今の所他にそう言う報告はないらしいのですが
正規品のみ送料は掛かりますが
点検はしてもらえると回答がありましたので
点検を希望される方は、事前に電話して
その旨を伝えれば、対応してもらえるそうです。


鬼ころし退治

飲み方をセーブしながら何とか三日持たせた

鬼ころし退治鬼ころしを退治。

某っきーの言う様に僕の身体は

綺麗に消毒出来たと思います。

忘年会も何故か今週の予定は無くて

来週27日、29日、30日とハードな予定なので、家飲みもセーブしないと。


闘魂号内燃機加工送り準備完了

クランクにダメージがある闘魂号に、別のクランクを用意したので

闘魂号クランク測定 (1)クランクケースの記号に合わせて

早速メタル合わせの測定。

コンロッドも1本ダメなので

重量記号と大端内径記号の

闘魂号クランク測定 (2)同じ物が手元に無いので

用意出きる前提でコンロッドメタルも

バランスが良いように配置して

メタルのサイズを決定しました。

本当はクランクとコンロッドがセットの物が一番良いんだけど

使えるコンロッド3本を有効利用しないと、お値段が高くなるからねぇ。

闘魂号の123番コンロッドメタル因みに他のコンロッドメタルも酷い状態で

ここまで酷くなる前に、予兆があったはず。

オーナーから事情を聴くと

エンジンオイルを交換する時に

沈殿物のチェックをしないまま廃油を処理していたらしい。

エンジンオイルは人間で言う血液見たいな物で

潤滑や冷却以外にも、今のエンジンの状態を教えてくれて

その仕事は捨てる時までがオイルの使命です。

闘魂号純正キャブ (1)明日の定休日は外回りなので

ついでに闘魂号の部品も

メッキやバフの仕上げをしてもらいに

持って行こうと思ってキャブを分解。

闘魂号純正キャブ (2)ウエットブラストで軽く

下地処理を済ませましたが

フロートチャンバーにもリークリペアの

飛び散った物が付着…もう!

段々とリークリリペアが嫌いになってきました。

それにしても、キャブも少々手篭めにされてるなぁ…


三代目号用部品入荷

やっと三代目号のハブが仕上がったので、明日引き取りに行ってくるので

三代目号用タイヤ入荷タイヤも発注して、今日入荷しました。

最初はCB1100EXの純正タイヤにしようかと

思っていたのですが、高い!ので

18インチでツーリングやワインディング向きの

BT45Vにしてみました。

三代目号用リアフェンダー部品入荷 (1)リプロのリアフェーンダー取付け用

カラーも(シオハウス製)入荷。

これでリアフェンダーの組替えが出来ます。



三代目号用リアフェンダー部品入荷 (2)ゴム、ボルト類は純正新品を使います。

何故新品を使うのかと言うと





三代目号リアフェンダー組替え (1)元のリアフェンダーは輸出仕様の

CB350Fと統合されたタイプで

カットされている物でした。

このクッションゴムやボルト、カラーは

三代目号リアフェンダー組替え (2)サイズが違うので使えないからです。

サクサクッと組替え完了です。

やっぱりこのタイプの方が

カッコいいですね。

peke_cb400f at 18:00│Comments(2)TrackBack(0) エンジン | 部品

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 燃える闘魂 KOJI   2015年12月22日 20:37
ご迷惑、おかけしてます。
PEKEさんの腕にお任せしまので、
よろしくお願いします。
2. Posted by PeKe   2015年12月24日 18:27
5 > ご迷惑、おかけしてます。
> PEKEさんの腕にお任せしまので、
> よろしくお願いします。

わかりました。
きっちりと仕上げます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔