2015年12月01日

今日から三代目号3

えー!
もう今日から12月!!
年末になると部品の入荷が止まってしまうので
ある程度の部品を早めに発注しておかないと
仕事に支障が出るからねぇ…
それにしても今年も早かったなぁ。
雨で全然ツーリングにも行けてないし
記憶は無いけど、酒ばっかり飲んでるイメージだわ…
11月末までで今年飲んだアルコールの量は
分かる範囲で、焼酎、日本酒、ワインを合わせて約150ℓ以上
これに外で飲んだアルコールとビールを合わせると
多分軽く300ℓは飲んでいる計算になるなぁ。
一升瓶で計算すると166本ぐらい
一日辺り1.1ℓだから妥当なところだと思う。
来年はちゃんとどれだけ飲んだか集計してみようかなぁ


中古FCRにどハマリ中

一昨晩から作業に取掛かっている黄色い君の中古FCR。

黄色い君レーサー用中古FCR依然不調 (1)分解しては組立てを

もう何回やった事か…

何度も心が折れそうになりながらも

絶対に快調にしたいので

黄色い君レーサー用中古FCR依然不調 (2)何度もチャレンジしていますが

未だに原因が不明。

エンジンは始動するけど

加速ポンプで動いているだけです。

ちょっと冷静になってから作業を再開する事にします。

それとヨシムラのテンプメーターのバックアップ電池が切れそうなので

町乗り号を引き取りに来る時に、買って交換してください…って

作業ミスされると困るので、電池を持って来たら僕がやりますけどね。


二代目閉店前の男

先日注文したX10zの部品が昨日入荷してたんだけど

X10zACG用部品入荷連絡をしなかったら

X10z君から連絡があったw

昨日から嫁が居ない事を知っているので

「どうせ家に帰らないでしょ?」って感じで

閉店間際のX10z (1)閉店間際にご来店…

自分の作業スペースを掃除し出した。

まぁ僕もこの時黄色い君のFCRに

ハマッていたので放置ですが…

閉店間際のX10z (2)そして不具合のあるACGを取外しだす彼。

ここまでは前回迷いながら、叱られながらも

自分で作業をやっているので

サクサクッと出来てる様子。

閉店間際のX10z (3)でも、やっぱり任せられない所は

僕がやらないと、きっと取り返しの

付かない事になるのは目に見えてます。

なので、このベアリング、シール類は

閉店間際のX10z (4)僕が全部取外してあげましたが

手順を覚える気は彼には全く無いw

まぁ近い将来、歯医者さんになるから

覚える必要は無いけどねぇ。

閉店間際のX10z (5)カバー類はウエットブラストをしたかったらしく

試行錯誤しながらウエットブラストで

カバー類を綺麗に仕上げてました。



閉店間際のX10z (6)そして新しいベアリング類の組付けも

勿論僕が担当です。

取外したベアリングはガタガタでした。

ブラシも交換したので

閉店間際のX10z (7)発電も安定して

異音も消えて機嫌良く帰ろうとした時に

初代閉店前の男が店の前を通り掛かり

これまたご来店w

僕の帰宅時間は結局、日付変更線を超えた辺りになりました…


三代目号本格的に作業開始

エンジン組立て室の作業台がやっと空いたので

今日から本格的に三代目号のエンジンの作業に取り掛かれます。

三代目号エンジン内燃機屋送り分作業開始 (1)優先的に作業をするのは

内燃機屋さんへ送る

エンジンブロックの下拵えから。

シリンダーのガスケット剥がし

三代目号エンジン内燃機屋送り分作業開始 (2)リムーバーをぶっ掛けて

暫く放置している間に

シリンダーヘッドの分解を

やってしまいます。

三代目号エンジン内燃機屋送り分作業開始 (3)サクッと分解完了。

EXガスケットはありがちな感じで8枚w

バルブは新しくウエストバルブに交換。

バルブスプリングも強化に交換となります。

三代目号エンジン内燃機屋送り分作業開始 (4)シリンダーのガスケットを剥がしながら

ヘッドをウエットブラストで仕上げながら

シリンダーのガスケットを剥がすを

繰り返す事数回…

三代目号エンジン内燃機屋送り分作業開始 (6)ヘッドのウエットブラストが完了。

本当にベースの状態が良いので

6.000キロは間違い無い走行距離ですね。



三代目号エンジン内燃機屋送り分作業開始 (7)シリンダーのガスケットも

この通り綺麗に剥がれました。

ここまで同時進行で約2.5時間程

これでシリンダーのウエットブラストに掛かります。

三代目号エンジン内燃機屋送り分作業開始 (8)シリンダーのウエットブラスト

約2時間で完了。





三代目号エンジン内燃機屋送り分作業開始 (9)シリンダーヘッドのリタップ。

サクサクッと完了。





三代目号エンジン内燃機屋送り分作業開始 (10)ロアケースも全部部品を取外しました。

クランクメタルは極めて良好

メタルの横の色まで残ってた。



三代目号エンジン内燃機屋送り分作業開始 (11)アッパーケースも全部部品を取外しました。

プライマリーのダンパーは40年経っても

まだゴム感が残っていたのにはビックリ!

でもシールやゴム類は当然交換

三代目号エンジン内燃機屋送り分作業開始 (12)ベアリング類は念の為

全部交換したいと思ってます。

コンロッドメタルの状態も良好で

これも同じく横の色が残ってました。

三代目号エンジン内燃機屋送り分作業開始 (13)走行距離から考えてコンロッドボルトは

このまま使っても良いでしょう。

測定は室温が安定する木曜日に実施。

その後内燃機屋さんへ送る事になります。

peke_cb400f at 18:00│Comments(4)TrackBack(0) 電装品 | エンジン

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 蝦ちゃん   2015年12月03日 07:35
ヤバイよヤバイよー!
ウエットヤバイよー!
-Zのそこのカバーはマグだよー!
マグ専用のクロメートかけないと、腐食するよー!
2. Posted by PeKe   2015年12月03日 18:42
5 > ヤバイよヤバイよー!
> ウエットヤバイよー!
> -Zのそこのカバーはマグだよー!
> マグ専用のクロメートかけないと、腐食するよー!

まーじーぃーでー!
3. Posted by 蝦ちゃん   2015年12月05日 14:47

ちなみに、カバーAもカバーBもマグっす♪
4. Posted by PeKe   2015年12月05日 15:38
5 >
> ちなみに、カバーAもカバーBもマグっす♪

まぁーじぃーでぇー!!!!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔