2015年11月13日

銀次号公道復帰3

今日から暫くの間天気が悪くなるようで
明日からはエンジンの下拵えや
ウエットブラストがメインの作業になりそうです。
納車を待ち侘びている方の為にも
今、激しい妄想に悩んで居る方の為にも
CPのPITを少しでも広くする為にも
16日の鈴鹿ROCも走りたいので
雨、降らないで欲しいと願う
車検だけスーパー晴れ男です。
あぁ…それと23日のCBオーナーズミーティングは
どうしても外せない用事が出来たので
行けなくなりました…


銀次号火入れ

今日は午後から天候が不安定になると言うので

銀次号火入れ (1)大急ぎで銀次号の火入れ準備

テスト用FCRをセットして

アクセルワイヤーの調整と

クラッチワイヤーのルートなどの見直し

銀次号火入れ (2)そして何時もの実圧縮圧力の測定

#1

1.25Mpa



銀次号火入れ (3)#2

1.25Mpa





銀次号火入れ (4)#3

画像では1.15Mpaですが

実際は1.20Mpaです。



銀次号火入れ (5)#4

1.25Mpa

ピストンクリアランスを何時もより

1/100ほど狭くボーリングしてもらってます。

銀次号火入れ (6)70φのマフラーを取付けたら

やっぱりメインスタンドと干渉したので

やむなく取り外しました。



銀次号火入れ (7)インナーバッフルもオーナーから

指示があった物に交換しました。





銀次号火入れ (9)実圧縮が1.00Mpa以上あるので

今日からハイオク仕様になります。

と言う訳で

火入れの準備が整いました。

まぁサクッと

何時もの感じで素直に火が入りました。

銀次号火入れ (10)点火時期も調整完了。

オイル漏れのチェックをすると

オイルクーラーの取り出し口のIN側から

オイル漏れが…クッソぉ!

銀次号ガソリンタンク仕上げ (1)リペイントしたガソリンタンクを

セットしようと思ってキャップを見ると

パッキンがちゃんと入っていないのを

発見!

銀次号ガソリンタンク仕上げ (2)取外して見るとこんな感じで

一番上のプレートが入っていませんね。

汚れも酷いのでついでに洗浄。



銀次号ガソリンタンク仕上げ (3)これがパッキンの正しい入り方

汚れも取れたので中は綺麗になりました。





銀次号ガソリンタンク仕上げ (4)コックもフィルターを新品に交換

新品のコックだと+¥600ぐらいだけど

¥600節約してフィルターだけ交換です。



銀次号ガソリンタンク仕上げ (5)ガソリンタンクのセット完了です。

さて、オイルクーラーのオイル漏れを

直して雨が降る前に試運転できるかなぁ?

せっかく付けたマフラーも外さないと…

銀次号オイル漏れ…問題のオイル漏れ箇所

バンジョウの面当りスペーサーが

少しズレていたのが原因でした。



銀次号試運転 (1)他にエンジンに異音も無く

特に不具合も無いので

ドライブチェーンをセットして

試運転へ出れるように最後の仕上げ

銀次号試運転 (2)取合えず2キロ先のスタンドで

ハイオクを給油して

そのまま嫁に店番をしてもらって

軽く走ろうかと思ってたのに

もう空が限界に近いので、仕方なく店に戻り車体のチェックを済ませました。



peke_cb400f at 18:00│Comments(2)TrackBack(0) エンジン | レストア

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 山本山   2015年11月13日 18:10
日曜日、雨が降らなければ取りに行っても大丈夫ですか??
2. Posted by PeKe   2015年11月14日 13:00
5 > 日曜日、雨が降らなければ取りに行っても大丈夫ですか??

雨が降っても大歓迎ですw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔