2015年10月25日

リニューアルオープン3

奈良にあるZ専門店American Dreamさんが
来月11月1日(日曜日)に店舗移転
リニューアルオープンとなります。
オープンでイベントがあるとかの詳細は不明ですが
松田社長の事ですから、きっと楽しい事があると期待して
11月1日(日曜日)はアメリカン ドリームさんへ行ってみてください。


銀次号腰上

こんなにテンポ良く作業が出来るのも珍しいのですが

今日はエンジン腰上の組立てに取掛かります。

銀次号シリンダーヘッド仕込み (1)まずはシリンダーヘッド、バルブ摺り合せ

8/100mmの歪みは平面研磨で修正。

それ以外は特に問題が無い状態の良い

シリンダーヘッドでした。

銀次号シリンダーヘッド仕込み (2)インシュレーターは微妙ですが

まだ割れも無く、ゴム感も残っているので

お高いので、整備して再利用します。

Oリングは勿論新品に交換です。

銀次号シリンダーヘッド仕込み (3)強化バルブスプリングと

強化EXスタッドボルトをセット

インシュレーターのボルトは

後の交換作業が容易になるよう

六角穴付きボルトでセットしてあります。

これでシリンダーヘッドの下拵えは完了。

銀次号シリンダー仕込みからの挿入 (1)次、シリンダーに取掛かります。

408ccの刻印が削られていたので

新たに用意した408シリンダー

排気量の刻印はくっきりとあります。

銀次号シリンダー仕込みからの挿入 (2)今では408ccと排気量の刻印が

残っている物で、状態の良い物も

少なくなってきてます…

ボアは54.5φヨシムラピストンです。

銀次号シリンダー仕込みからの挿入 (3)機械油をしっかり洗浄して

ピストンリングをセットして行きます。

この時、組付けペーストを塗らないと

セルを回しただけで終りです。

銀次号シリンダー仕込みからの挿入 (4)ピストンリングをセットしたピストンを

コンロッドにセットして

シリンダーの挿入準備完了!



銀次号シリンダー仕込みからの挿入 (5)ズボっと!サクッと挿入完了。

メタルガスケットと違い

純正やヨシムラの組込み作業は

割とのんびりした作業が出来ます。

銀次号ヘッド、ヨシムラ中空カム搭載 (1)次、下拵えしたシリンダーヘッドを搭載。

何時もの事ながら

順調に進んでます。



銀次号ヘッド、ヨシムラ中空カム搭載 (2)CPでの組付けは2本目になる

ヨシムラ中空ハイカムSt1を搭載。

僕もこの中空カムでエンジンを作りたい!

慣らし運転が楽しみです。

ヘッドの増し締めは明日以降となるので、エンジンの作業は今日はここまで。

銀次号アパッチヒューズボックス交換 (1)次はフレーム側の部品が

入荷してきたのでこちらも早速。

アパッチ的なヒューズボックスは

新品に交換しました。

銀次号アパッチヒューズボックス交換 (2)ちょっと拘って、純正のハーネスバンドで

メインハーネスを固定してみました。

直ぐに黄ばんでくるんだけどねぇ…



銀次号フレーム関係純正部品セット (1)無茶苦茶なサイズのボルトが

好き放題入れられていたフロントフォークは

純正新品の正規サイズを

仮止めで入れました。

銀次号フレーム関係純正部品セット (2)チェーンカバーも同じく

純正新品の正規サイズボルトで

固定しました。



銀次号ブレーキ関係仮組み (1)フロントブレーキパットも入荷。

キャリパーにセットして

これも部品待ち状態。



銀次号ブレーキ関係仮組み (2)リアブレーキをチェックすると

もう使用限界です。





銀次号ブレーキ関係仮組み (3)何と!よく見ると脱落防止の

ワッシャーが不在でした…

なんと言う恐ろしい事を。



銀次号ブレーキ関係仮組み (4)インジケータープレートも不在だし

ボルトとナットでアームを締め込んでいるとか

おかしな所ばかりです。



銀次号ブレーキ関係仮組み (5)取合えずブレーキドラムパネルも

ウエットブラストで仕上げて

ブレーキシューを仮組み

不足部品も発注しましたが

絶版部品をどうしようか…

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) エンジン | レストア

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔