2015年10月23日

1号機完全復活3

昨日1号機の復活工程を見たかったと
旧2号機のオーナーが夕方にご来店。
しかし16時には完全復活していた1号機を見て
残念そうだったので、何時もの感じで
僕のアシスタントをしてもららった。
旧2号機のオーナーと、エンジンブローの違いについて
ピストンが割れる時、ピストンに穴が空く時
コンロッドが飛び出る時などの壊れた時の
エンジン音の違いについてレクチャーしたけど
殆どのCB400Fでは起こりにくい事です…
1号機のエンジンブロー暦を見てみると
ほぼ1年に1度以上は破壊していた…


オイルポンプ交換

1号機の修理も終り27日の鈴鹿ROCへ行こうと思い

CP1号レーサー強化オイルポンプRタイプに交換 (1)作業スペースを空けて

レーサーのオイルポンプを

新型強化オイルポンプRタイプに

交換する作業を始めた。

CP1号レーサー強化オイルポンプRタイプに交換 (2)サクッと本体を取外して

ミッション用強化オイルポンプと

プレッシャースイッチとOリングを交換。



CP1号レーサー強化オイルポンプRタイプに交換 (3)サクッと取付けました。

旧型のオイルポンプは使用時間で言えば

約20時間ぐらいしか使っていないけど

新型強化オイルポンプRタイプのテストを兼ねて

これで鈴鹿サーキットを走ってやろうと思っていたのに

27日の天気は雨…今年はツーリングもレースもROCも全部雨に泣かされます…

510cc1号機慣らし運転1日目閉店後は1号機の慣らし運転へ出掛けました。

1時間程交通量の少ない道を走りましたが

パワーがモリモリとあるので

普通に走れたので意外と楽でした。

マル秘文章家に帰ると経済産業省から

マル秘文章が届いてた?

中を見ると、よく分からないけど多分簡単に言えば

消費税の増税で転嫁している奴がいるなら

誰にも言わないから密告しろ、的な内用なんだろうなぁと理解したけど

特にそんな被害にも遭ってないし、そんな事もしてないので

忙しいから放置する。

7号機ステップ復旧 (1)そして今朝はもう少し長い間

お世話になるつもりで交換していた

7号機のステップを元に戻す作業から開始。

77’ステップは前にあるので

7号機ステップ復旧 (2)僕にはピッタリのノーマルステップです。

サクッと元のステップに戻しました。

また何時かお世話になるかも知れないので

大事に仕舞っておきますw


銀次号フロントフォーク

まだフレーム関係の再メッキと内燃機加工が終わってないので

中々先に進んで無いように思える銀次号ですが

実際は、過去最速に仕上がるかも知れないレストア車の可能性。

銀次号フロントフォーク組立て (1)さて今日は、フロントフォークの

部品が揃ったので組立てを開始

インナーチューブは新品

スプリングはアゲインの強化スプリング。

銀次号フロントフォーク組立て (2)フォークオイルはスタンダードなワコーズの#10

1本でこれだけ入るんですから

抜いた量を見ると、どれだけフロントが

危ない状態だったか分かります。

銀次号フロントフォーク組立て (3)綺麗になったフロントフォークをセット

再メッキボルトが無いので

フロント回りはこの辺りまでかな?



銀次号配線 (1)次にメインハーネスを這わせますが

今まで取り付いていた電装部品のチェック

ヒューズボックスを見ると

ハンダが溶けない様に?

コーキングされてますが、そう言う問題じゃないんだけどねぇ…

銀次号配線 (2)取合えず電装部品を取付けて

新しいメインハーネスを這わせました。

レギュレートレクチファイアーは

冷却効率の良い場所へ取付けを変更。

銀次号ハンドルスイッチ配線ハンドルスイッチのホーン側の配線が

メス側のギボシに変更されてます…

ホーン周りや改造された配線は

手間が掛かりそうですね…

銀次号クラッチ&ブレーキ (1)社外のブレーキマスターは

こんな感じで漏れているし

オーナーの希望で純正のマスターに

変更する事になり

銀次号クラッチ&ブレーキ (2)こんな感じになりました。

ブレーキレバーもクラッチ側に合わせて

キジマのパワーレバーにしました。

ブレーキホースも長さを測って発注しました。

銀次号クラッチ&ブレーキ (3)クラッチレバーには

クラッチスイッチが無く何かと不便。

ハンドルは絞りハンドルから

F2でもない感じのハンドルに変更しました。

銀次号クラッチ&ブレーキ (4)で、ついでにクラッチスイッチの

配線も入れました。

その時に気が付いたのが

クラッチレバーのガタつき…

銀次号クラッチ&ブレーキ (5)クラッチレバーの中にに入っている

ブッシュが入ってなかったので

このクラッチレバーは交換した方が良いです。

こんなのばっかりやなぁ…

銀次号ブレーキキャリパー組立て (1)ブレーキキャリパーの仮組み

キャリパーはブレーキフルードに強い

ガンコートで仕上げてあります。

部品は全て新品です。

銀次号ブレーキキャリパー組立て (2)サクッと組付け完了。

ブレーキパットの面取りをやって

セットしようと思ったけど



銀次号ブレーキキャリパー組立て (3)パットBが限界前なので

この際、ブレーキの事だし

ここだけ中古かよ!って感じなので

両方共新品に交換します。

peke_cb400f at 18:00│Comments(4)TrackBack(0) 部品 | レストア

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 64   2015年10月23日 18:40
コーキング、強者アパッチだ!
2. Posted by 銀次   2015年10月23日 19:54
お世話になります。配線、コーキング自分じゃ無いですよぉ〜www
3. Posted by PeKe   2015年10月24日 16:02
5 > コーキング、強者アパッチだ!

あっちこっちに
アパッチ野郎がいるねぇ・・・
4. Posted by PeKe   2015年10月24日 16:04
5 > お世話になります。配線、コーキング自分じゃ無いですよぉ〜www

分かってますよw
悪意のある中古車とか
やっつけ仕事が好きな人がやる事なので。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔