2015年10月22日

新生1号機復活20153

今朝は何時もより早く出勤して
店内とPITの整理整頓。
この前のツーリングが中止になった事もあり
お立ち台から下ろした398を、また乗せたり
近日ハーレーも入庫する予定なので
PITも整理して少しでも広く使える様にと
朝から汗だくでした。


1号機火入れ

定休日の昨日だけで作業を終わらす予定だったのですが

1号機復活作業151021他の用事が多過ぎて

結局終わらせる事が出来ませんでした。

昨日はあれからマフラーを付け

エンジンオイルが入る状態にまで仕上げました。

1号機用FCR33OH (1)そして今日の課題は久々のFCRのO/H

このFCRのO/Hは何回目だったっけ?

それぐらいやってませんから…

まぁ開けて見てゴム類を中心に交換しながら

1号機用FCR33OH (2)ボディやバルブをチェックする事にします。

で、サクッと分解。

非分解部分は分解しませんので。

バルブやローラー、ボディのチェックをして

1号機用FCR33OH (3)OリングやUリング、Vリングなど

ゴム類は全て交換。

折れたエアベントチューブも交換。

フッ素グリスを塗って組付け。

1号機用FCR33OH (4)はい、完成。

たったこれだけの物を交換するだけなんですが

全部分解しないといけないのですが

ノーマルキャブよりはメンテナンス性は良いです。

1号機火入れ前同調をチェックするので

トップキャップはセットせずに

エンジンにセットします。

では恒例の実圧縮圧力の測定から

1号機510cc実圧縮圧力 (1)#1

んぁ!!





1号機510cc実圧縮圧力 (2)#2

はぅ…





1号機510cc実圧縮圧力 (3)#3

・・・





1号機510cc実圧縮圧力 (4)#4

ま…まぁ平均1.4Mpaと言う事で

それなりに圧力は揃ってますねぇ…

ピストンクーラーもあるし10,000rpmまでなら…



1号機火入れ取合えず無事に火が入ったので

点火時期の調整と

FCRの同調調整をやって

エンジンブローから17日目で

1号機完成510ccになって1号機が復活しましたが

スタックのタコメーターの電源が

落ちる不具合が突然発生…

原因を調べるのにメーターを外したり

配線のチェックをしていたら、原因が判明しました。

1号機スタックタコメーター不具合原因何と、バッテリーにスタックのアース線が

繋がっていなかった事がやっと分かりました。

ここまで辿り付くのに1時間…

全部分解して沢山の配線を除けて

辿り付いた先がこれでした…

peke_cb400f at 18:00│Comments(2)TrackBack(0) エンジン | 修理

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by K林より   2015年10月22日 19:18
さて、レーサーのエンジンは『生かさぬ様、殺さぬ様!』の精神でいくのでしょうか?
長生きしてくれる事を願っております。
それでは、また。
2. Posted by PeKe   2015年10月23日 16:47
5 > さて、レーサーのエンジンは『生かさぬ様、殺さぬ様!』の精神でいくのでしょうか?
> 長生きしてくれる事を願っております。
> それでは、また。

まず町乗りでの効果をチェックして
来年のレースまでには良い所を
レーサーに反映したいと思ってます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔