2015年09月22日

シルバーウィーク後半戦3

このシルバーウィークを利用して
皆遊びに行ったりツーリングに行ったりと
休みを満喫しているのでしょうね。
僕は来月の初めに、嫁と遊びに行くつもりで
計画をしていますが
今の所は詳細は未定です。
ですが、来月の初めは臨時休業を予定していますので
CPに御用が御座いましたら、お早めにお願い致します。


イエロー号不具合調査

昨日あれからエンジン不調の原因を調査してました。

イエロー号不具合調査 (1)一番先に怪しいと思った

FCRを分解清掃しながら

予備のFCRを装着してみて

症状が改善されるかをチェックしてみたけど

全く同じ症状だったので、ここでデジタル機器を投入してチェック!

イエロー号不具合調査 (2)少しアイドリングを上げて

#4の回転パルスを測定すると

1200rpm程なのに対して

他の#1〜#3の回転数は

イエロー号不具合調査 (3)タコメーターが表示している数値と

ほぼ同じの2500rpmだったので

点火系の問題があるのだと思ったけど

何故#4だけなのかが納得行かぬまま

イエロー号不具合調査 (4)ダイナSを交換してみたり

IGCを交換してみたりとやっても

一向に不具合が改善されない…

エンジンからの音も大きいので

エンジン内部で何かが起こっているのか?コンロッドが伸びているのか?と

症状に合う原因を色々と考えたが、どれも当てはまらない…

仕方が無いので取合えずエンジンを下ろすか…と

でもその前にもう少し確認したい事があったので、今朝チェックしてみると

イエロー号不具合調査 (5)昨日まで#4だけに回転パルスの

異常があったのに





イエロー号不具合調査 (6)#1にも同じ様な症状が出始めた。

これはひょっとすると

IGCの不具合が濃厚になってきた!

他にも色々とチェックしたいけど

イエロー号不具合調査 (7)また木曜日に黄色い君が来る予定なので

その時にもう一度確認して

原因箇所の特定が出来れば

エンジンを分解しないで済みそうです。

イエロー号不具合調査 (8)だがしかし…オイル漏れを発見してしまった!

恐らくスタッドボルトからだろう

増し締めで何とかなるとは思うけど

手間の掛かるレーサーです。

それと黄色い君、昨日は水道の締め忘れがあったので木曜日は折檻部屋行きです。


銀次号エンジン分解開始

シルバーウィーク中と言う事もあるのか

自転車屋さんやバイク屋さんは連休中が多いらしく

自転車のパンクだの近所の原付バイク屋で買った中古バイクが

銀次号エンジンOH開始 (1)調子が悪いだのと

引っ切り無しに仕事の手を止められる中

銀次号のエンジン分解を開始

エンジンオイルはまだそんなに汚れてないね。

銀次号エンジンOH開始 (2)でも、分解を進めて行くと

残念な所が各所に目に付く…





銀次号エンジンOH開始 (3)ブローバイカバーの取付けボルトも

長さがバラバラな上に過剰トルク

ここはM6×32のボルトを使います。



銀次号エンジンOH開始 (4)一目見ればオイル管理の悪さが

直ぐに分かる位

スラッジが溜まってます。

ヘッドカバーも激しく過剰トルク…

銀次号エンジンOH開始 (5)幸いな事にロッカーアームやカムシャフトは

カジリも無く、磨耗も少なそうですが

ヘッドの所々に真っ黒なスラッジが溜まって

ヘッドカバーのガスケットもペッタンコになって

液体ガスケットで再利用されてますし、タペットキャップのOリングもペッタンコ…

銀次号エンジンOH開始 (6)これもド定番、オイルフィルターの

スプリングシートが

当たり前のように入ってません。



銀次号エンジンOH開始 (7)クラッチカバーを外すと

クランクケースにマイナスドライバーで

アタックされた痕跡があります…



銀次号エンジンOH開始 (8)これも素人作業のド定番ロックナットを逆に入れる。

何故テーパーになっているのかを

分かっていればこんなミスは無いはず。

これがプロの作業ならお恥ずかしい限りです。

銀次号エンジンOH開始 (9)ポジティブストッパーのピンは磨耗

ニュートラルストッパーも磨耗してます。

腰下は開けられた痕跡が無いので

中は40年物のままですね。

銀次号エンジンOH開始 (10)シリンダーヘッドはバルブスプリングが

上下間違って組まれているので

腰上は開けた事があると判断できます。



銀次号エンジンOH開始 (11)シールワッシャー¥864が入る所に

シーリングワッシャー¥346が入ってます。

両方で¥1.000ほどを浮かす為に

こんな事をやるんですね。

銀次号エンジンOH開始 (12)使い回しのヘッドガスケット

液体ガスケットを塗った所で

常識のあるメカニックなら絶対にやりません。

ピストンが全体にオイル上がり気味なので

ピストンリングも中古品かも知れません…

実圧縮が高かったのも、オイル上がりなら納得出来ますね。

銀次号エンジンOH開始 (13)ベースパッキンですら

液体ガスケットを塗って使い回し

これで腰上だけの部品で¥30.000以上は

浮いている計算になります…

銀次号エンジンOH開始 (14)そんな感じで見る所が全部残念な銀次号

今日の作業はここまでですが

腰下に関しては開けて無いので

普通に磨耗している程度だと思います。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) 電装品 | エンジン

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔