2015年08月15日

1号機修理3

この所ずっと夕方になると
激しいめまいがするんだけど
ビールを3本以上飲んだら
そんな事も関係なくなるのですが
昨晩の事
何時もの感じでビールを飲んでいると
気分が悪くなって座っていられないぐらいに
気持ちが悪くなってしまい
そのまま2時間ぐらい起き上がれなかった…
その時嫁に「もし意識が無くなった時に延命治療はしなくて良い」と
一応言い残して、今朝
昨日の事が嘘の様に体調も良くなった。
中々楽には死なせてくれないらしい。


1号機オイル漏れ

水曜日の継続車検不合格の原因を調べてみた。

1号機修理150815 (1)フロントフォークは以前の事故の時に

曲がってないのは確認してたので

右側のハンドルが前下方向に曲がって

ヘッドライトステーが右側に曲がってた。

それを修正してふとシリンダーを見ると…

1号機修理150815 (2)オイル漏れを発見!

どうやらシールワッシャーからの

オイル漏れのようだったので

こうなればついでにと

1号機修理150815 (3)サクッとヘッドカバーを外して

増し締めしてチェックしたら

1箇所だけがかなり緩んでいたので

オイル漏れの箇所は判明した。

1号機修理150815 (4)もうこうなったら仕方が無いので

スペシャルナットを外して

ワッシャーを交換するしか手立てがありません。

全然乗って無かったのも原因でしょうねぇ…

1号機修理150815 (5)で、サクッと交換完了。

シリンダーヘッドを外さなくて良かったのが

儲け物だと言う事で

これでオイル漏れは止まるでしょう。

1号機修理150815 (6)光軸もバッチリ合わせたので

近々再検査へ行くことにします。

この2年間での走行距離は

5.000キロほどしか走ってないので

涼しくなったらツーリングに行こうと思います。


イエロー号Newエンジン

9月に鈴鹿で開催されるファン&ランに出場する黄色い君。

今度は完走すれば間違いなく表彰台に上がれるはずなので

それまでは「こけない!、壊さない!!」で走ってもらいます。

その後、レーサーのエンジンは町乗り号へ戻し

新たにレーサー用エンジンの製作に取り掛かります。

イエロー号Newエンジンシリンダーボア測定年内に出来上がるぐらいのペースで

思ってはいるのですが

僕の身体が何時まで持つのか?

出来る時にやって置かないと!

身体が使い物にならなくなった時の事を考えるとねぇ…

イエロー号用エンジン下拵え (1)シリンダーのボアを計測して

ネチネチとガスケット剥がし





イエロー号用エンジン下拵え (2)2時間ぐらい掛かってやっと終了。

これからブラストで仕上げます。





イエロー号用エンジン下拵え (3)シリンダーにリムーバーを

ぶっ掛けている間に

ヘッドカバーのブラストと

ロッカーアームを似非WPCで仕上げました。

シリンダーをウエットブラストしていたらお店の電話がなった。

こんな時期に電話が鳴るのは、緊急の電話か?!と思いながら出ると

可愛い声をした女子からのヘルプコールだった!

「CB400じゃないんですけど…」

DS250緊急入庫 (1)「エンジンが止まりそうなんですぅ」との事なので

「いいですよ!見ます!!」と即答!

ご来店になられた女子の乗るDS250

エンジンを掛けると確かに調子が悪い

DS250緊急入庫 (2)多分あそこだ!と思い覗き込むと…

ビンゴ!…だが部品は無い…

取合えずお預かりと言う事で

ご帰宅されました。

開いてて良かったカスタムパラノイア!

イエロー号Newエンジンシリンダー測定準備そんな楽しい時間も終わってしまい

現実に戻ってシリンダーをブラスト。

温度管理をしてから歪み測定になります。

歪んで無ければラッキーなんだけどね。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) 修理 | エンジン

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔