2015年06月18日

事故証明3

これまた何時もの事ですが
今日思い出して良かったかも!
今週の日曜日は、結婚29周年目の記念日
まぁ嫁も忘れているとは思いますが
何か考えておかないと!


5周年目突入

CPも2011年に開業してから4年が経ち、5周年目に入ります。

4周年記念頂きました (1)心に余裕が無いので

僕はそんな事も忘れていたのに

普段は僕に意地悪をするベホリから

記念の「獺祭」を頂きました。

4周年記念頂きました (2)貴重なお酒なので、ジョッキで飲まず

ちょっと良い感じのグラスで嫁と頂きました。

これを飲んだからにはベホリからまた

来年まで意地悪をされるのかと思うと

ドキドキするわ!ありがとう。


サニトラタイヤ交換

買った時から「このタイヤスタッドレスみたいなタイヤだなぁ」と思ってました。

サニトラタイヤ交換 (1)まぁ車のカスタムは日産のフェアレディZで

若い時に一千万以上使っちゃったので

流石に懲りて止めていたので

全く疎くなってしまってたのですが…

サニトラタイヤ交換 (2)やっぱりスタッドレスだったw

これは流石にあかんやろうと言う事で

あちこちの量販店へ電話して

タイヤ交換をしてもらう事にしました。

サニトラタイヤ交換 (3)勿論退院して時間の余ってる弟も引き連れて

タイヤを外したついでに

今後の足回りのカスタムについての

方向性を考えるためにです。

サニトラタイヤ交換 (5)困った弟ですが

今時の車の事は弟の方がよく知ってます。

足回りが弱いので、サスを交換したいと思って

色々と考えてもらってます。

サニトラタイヤ交換 (6)タイヤも交換が終わったので

長期化しそうな弟の不動車を

店に置いて置く訳にも行かないので

一旦自宅に引き上げてもらう事にしました。

水曜日はらーめん曜日 (1)ついでに長らく行ってなかった「俺らー」へ

行ってみると…臨時休業中だった…

お腹も空いて、もう口がラーメンの口なので

帰りの道中を遠回りして

水曜日はらーめん曜日 (3)天下一品のお店に寄ってラーメンを

もう焦って写真を撮る前に食べてますw

何だかんだと大阪と京都間を

一日で300キロ走ってた一日でした。


事故証明

先月の弟の事故証明が出たので

自動車安全運転センターへ発行してもらいに行きました。

事故証明は、最寄の警察からも取り寄せる事は出来ますが

正確には最寄の運転免許試験場で交付されます。

ここでは門真運転免許試験場になりますね。

当初、弟の事故は単独の転倒からの追突事故として

警察に処理されるところだったので、まず第一の壁である事故証明の記載に

どのように記載されているかで、今後の争い方が大きく左右されます。

眞ちゃん事故証明これがその事故証明で、この様な事故があったと

証明する書類の事を事故証明と言います。

まず、警察は民事不介入と言う大前提があるので

どちらが悪いとか、過失割合などは書いてなく

どのような事故があったかを証明しているだけですが

ここで記載される大事な事は、まず「甲乙」の表記

警察では事故は当事者とされます。

甲は第一当事者、乙は第二当事者で

ここでの優劣は関係なく当事者の変わりに甲乙が使われるのですが。

実は、甲=加害者、乙=被害者(交通弱者)と言うのが暗黙の了解なのです。

その次に「事故類型」その他の所に○があります。

弟は追突事後として処理されるところだったので「追突」の所に○が無かった事が

この事故は相互に過失のある人身事故と、この書類で証明されたと言う事です。

一番下の証明記録簿の種別も「人身事故」となって

人身事故として処理されたと言う事なのですが、ここはまだ安心できません。

何故なら単独の転倒でも人身事故の扱いになるからです。

総合的には、事故の状況がこちらの言い分に合理性があったと言う事だと思います。

この時点でまだ相手側からの連絡は無いので

恐らく民事裁判まで行くのだろうと思います。

次は弁護代理人を立てて、刑事記録を取り寄せるのですが

刑事記録が3ヶ月程度で出たら、検察が警察の事故捜査が適正と判断するので

逆に勝ち目も低くなり、半年、一年と掛かる様であれば

警察の事故捜査と検察の捜査が加わりどちらの証言に合理性があるのかを

もっと詳しく捜査する事になります。

なので、いずれにしても長期戦は間違い無いのです。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) カスタム | 治療

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔