2015年05月21日

所詮事故処理係り3

昨日、城東警察事故係り担当者クリタが不在の為
担当者が来たら電話してくれと
あれだけ約束したにも関わらず電話が無かったので
こちらから電話して出勤している事を確認したら
担当者は不在で代わりの担当者ムラタと言うのが
出てきたので今日はその担当者と話をしに
城東警察まで出向いてきます。
警察の上等手段、城東警察だけに担当者たらいまわし!
昨晩は余りにも悔し過ぎて一睡も出来なかったので
色々と物理的に相手側の主張に
あいまいな所がある事を突いてやろうと思います。
そして、たまたま通りがかった警察官が(事故の瞬間は見ていない)
弟の救護と事故の状況を聞いているにも関わらず
そんな話は一切出てきません。
しかも事故の相手は、こりゃぁシメタと思ったのか
電話にも出ないし、折り返しの電話も無い。


放免祝い

右鎖骨骨折の入院から取合えず退院したので

放免祝い (1)退院祝いに焼肉をおごってやった。

いや、何か分からんけどおごらされた…

右手なので、焼肉を箸でつまみ上げる事も出来ず。

弟を一人で自宅に残しても何も出来ないので

昨晩から我が家で面倒を見ています。

放免祝い (2)肩を固定するコルセットも自分で外す事も

服を脱ぐ事も出来ないので

優しいお兄ちゃんが痛がる弟の為に

脱がせてあげました。

肩は腫れ上がり、胸まで紫色に内出血してます。

折れた所を触ると、やっぱり痛いらしいw


旧2号機キャブ調整

何度乗ってみても調子がしっかりしないので納得行かない。

旧2号機キャブ調整 (1)今朝は取合えずキャブを取外して

ジェット類の点検と掃除をして

油面調整までやりました。

これでまた車体にセットして。

旧2号機キャブ調整 (2)何度も何度も試運転を繰り返し

中速辺りは随分と良くなったのですが

下が若干ぐずり気味なので



旧2号機キャブ調整 (3)エアークリーナーを取外したりして

何度も試運転を繰り返しました。

少しの差ですが、やっぱりエアークリーナーも

不調の原因の一つでしたが

旧2号機キャブ調整 (4)それでも納得出来ないので

プラグを交換してまた試運転。

かなり調子も良くなったので

これぐらいにしといたるわ…


城東警察事故捜査係

午後から弟の事故の件で城東警察へ行ってきました。

案の定若手の担当クリタが思い込みの捜査をしており

警察側が主張する全ての矛盾点を論破してきました。

矛盾点
1、車が自車線の原付を追い抜く際、車線をまたいでいないので
  ウインカーで後方に合図をしなくても良い。
  それにビックリした後方のバイクが自分で勝手に転倒し
  滑走して、転倒する音にビックリして止まった軽自動車に接触した。

  車側走行車線の幅約3mの道路を軽自動車の幅約1.8mの車両が
  車線をまたがずに、原付約0.7mを安全に追い抜く事が出来るのか?
  答え:そんなリスクのある追い抜きは誰もしない。

2、タイヤのブレーキ痕がS字状に残されており
  そのS字の途中からエンジンガードの傷が付いているという現場写真。
  これもバイクの形状から物理的に不可能である上に
  本人はブレーキ操作する間も無く既にバイクから離脱している。
  危機回避中にタイヤ痕が路面に残る様な操作をするのかは
  バイクを乗ってる者にしてみればどうなるかはよく分かる事。

3、相手側の意見では、バイクが転倒する音を聞いて「何だろう?」と思って
  停車した位置までの距離が約12〜14mである事
  原付を追い越した直後の速度から0.9秒でブレーキ操作したとしても
  時速40キロの停止距離は17.33mである事(制限速度60キロ道路)
  時速40キロで1秒間走行するとその距離は11m以上である事。

まぁ最後はしどろもどろで「担当者が居ないので」の一点張り

僕とは一切目を合わそうとしなかった。

そして、言った言わないの子供の様な言い訳をするのは分かっていたので

若干アングラではあるが「メモを取っても良いですか?」の後に全ての会話は

ICレコーダーで録音してあります。

当然相手側も明らかに録音されていると言う意識があり

係長と目配せをしていた。

それと、事故の現場検証に関して

事故の片側の当事者が不在の場合でも

相手側だけの現場検証だけで、矛盾点が無ければ

それだけでも十分な捜査が可能であり、捜査も完了するので

出来る限り、その場で新鮮な記憶のまま、新鮮な状況を説明する事。

そして、弁護士特約には絶対に加入するべき。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) エンジン | キャブレター

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔