2015年02月20日

ナイトロサーカス

嫁からメールで
ナイトロサーカス見に行きたい!券タダで手に入らんのか?」
と言うメールが届いた…
そんなもん、タダで手に入るかぁ!
過去に愛知万博とか
なみはやドームのフィギュアスケートとかは
関係者の方からご招待を受けた事はあるけど
《実際は断って行ってません。》
流石にナイトロサーカスにコネは無いと言うと
自分でチケットを買って、3月1日のライブに友達と行くらしい…
そこは「誕生日的に考えても俺と行く所やろ!」と
心の中で叫んでました。
因みに、バレンタインの件を聞いたら
「忘れとったわ」やって…

お友達と楽しんできてください…(音量注意!)


昨晩の閉店間際の男1号

何時もより少し早目のご来店な閉店間際男1号。

150219の閉店間際の男1号 (1)先日出走出来なかった事もあり

エンジンの調子を維持する為にも

熱を入れている最中なので

店内は排ガスが篭ってます。

150219の閉店間際の男1号 (2)そして、何やらゴソゴソと始め出した…

これがほぼ毎日の日課的な感じです。

それを見ていて、ふと気になった

濁テリア号のフロントフォーク…

濁テリア号のミスアクスルホルダーこれこれw、よくやるミスを発見!!

自分でタイヤ交換をしたのは知ってましたが

アクスルホルダーの向きを間違えるのも

良くあるミスですね。

反対側は合ってるけど、締め付けトルクが怪しいのでチェックします。

某テリアさんには悪いのですが、ついでに豆知識として覚えておいて欲しいのが

濁テリア号のミスタイヤの軽点マークタイヤの軽点マークの事。

この黄色い○はタイヤの円周上で

一番軽い所を示しているマークです。

ホイールにはエアバルブがあり

そのエアバルブの分ホイールの回転はアンバランスになるので

タイヤにエアバルブの重さ分ぐらい軽い部分があり、その重量を相殺する為に

この軽点マークにエアバルブを合わせてセットするのが本当です。

他にも赤いユニホミティマークもありますが、まぁフォアには余り関係ないので割愛。

明日納車予定の濁テリア号なんですが、毎日エンジンを掛けている内に

怪しい現象を発見してしまったので、某テリアさんに報告しました。

濁テリア号バッテリー突然死の前兆? (1)それはバッテリー突然死の前兆的な現象。

発電はちゃんとしているので

アクセルワークでLEDの灯火系ですら

照度が変化する。

濁テリア号バッテリー突然死の前兆? (2)アイドリングになると電圧がどんどん下がり

エンジンがストールしてしまう現象。

その後のリスタートでもセルも弱い

これも、電圧計を取付けたから分かった事です。


親子ラインM号エンジン下拵え二日目

昨日に続き今日はアッパーケースの下拵え。

親子ラインM号アッパーケース下拵え  (1)これも同じくリタップとエアブロー

スタッドボルトの抜けない奴は

無理に抜くと折れるので抜きません。

緩まない=緩んでいないと言う考え方です。

親子ラインM号アッパーケース下拵え  (2)洗浄したアッパーケースの具材と

新しい部品達を仕込んで行きます。





親子ラインM号アッパーケース下拵え  (3)まずスタッドボルトを締めて

直角、並行に修正。

これシリンダーヘッドからの

オイル漏れ対策には重要です。

親子ラインM号アッパーケース下拵え  (4)サクサクっと具その1を入れて

取合えずアッパーケースの

下拵えが完了しました。



親子ラインM号プライマリーギアーOH (1)次にエンジン内の臓物をO/H

まずはプライマリーギアーから

ドリブンスプロケットハブと

スターティングクラッチアウターに

親子ラインM号プライマリーギアーOH (2)ガタつきがあったので

分解して中身をチェックして洗浄

少し磨耗してるのかな?

当り面が少し擦れてました。

親子ラインM号プライマリーギアーOH (3)ネジロックを塗って

増し締めすると元の位置から

少し締まりました。



親子ラインM号プライマリーギアーOH (4)新しいダンパーゴムと

ニードルローラーベアリングを交換

プライマリーギアーのO/Hは完了。



親子ラインM号ミッションOH (1)次、ミッションギアーのO/H

ここで心配なのは

何時ものカウンターシャフトです。



親子ラインM号ミッションOH (2)現実逃避的にメインシャフトから

サクッとO/Hをしてみました。





親子ラインM号ミッションOH (3)カウンターシャフトを観察すると…

2ndギアーの部分に焼きが入ってます。

ここに焼きが入るのは

エンジンを回すとか回さないとかは

全然関係なくて、油膜切れやオイルの流量が低い為に焼きが入るので

安いオイルを早めに交換するとかじゃ無くて

ちゃんとしたオイルを定期的に交換したり

強化オイルポンプなどで流量を増やす事で大抵は防げます。

親子ラインM号ミッションOH (4)で、残念な事に、このカウンターシャフトと

2ndギアーはガッツリと焼きが入って

抜けないので使い物になりません。

流石にもうCPにも中古良品な

カウンターシャフトも品切れなので、くじ引きで当りを引くしかありません…

今日はここまで。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) エンジン | レストア

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔