2015年02月10日

断食終了3

お昼のおにぎりを断ったにも関わらず
優しい嫁は、サンドイッチと一口カステラを
買って来てくれた…
消費期限のあるサンドイッチを仕方なく食べて
カステラには手を出さなかった。
何時も僕がダイエットを始めると
大量に甘い物を買ってくる奴は
多分、デブ好きなんじゃないかと思う…
しかも、そのデブに「デブ!ブタ!」と
罵るのが好きな超S女王様で
僕はいつの間にか調教されていたような気がする…
で結局、昨日の総摂取カロリーは1386kcalでした。
日本医師会のHPで基礎代謝や推定必要エネルギーの
計算が出来るので、参考にしてみました。
因みに、僕の活動レベルは気之彁擦靴討澆燭
一日2.100kcal必要らしいので、それ以下で抑える事にしてみます。


親子ラインM号ブレーキO/Hとエンジン

昨日オーナーと電話で打合せ、やっぱり急にブレーキが利かなくなったらしい…

安全の為にも、ベストな状態にする事に決定。

親子ラインM号ブレーキマスターOH (1)まずブレーキレバーを取外すと

グリスにホコリが付着してコテコテ

レバーブッシュのゴムも腐って溶けて

レバーを握る抵抗になってた。

親子ラインM号ブレーキマスターOH (2)ブレーキマスターのブーツを取外すと

やっぱり中にもブレーキフルードが

漏れてたり、水みたいな物が

マスターのアルミを浸食して錆てた。

親子ラインM号ブレーキマスターOH (3)マスターのインナーを引き摺り出すと

ドロドロに腐ったフルードの塊と

水分がかなり出てきた。

インナーキットの交換を

推奨して良かったと思う瞬間ですね。

親子ラインM号ブレーキマスターOH (4)綺麗に洗浄して組立てに入ります。

ピポットボルトも段付き磨耗してるのですが

何時でも交換出来るので

まずはそのまま使う事にしました。

親子ラインM号ブレーキマスターOH (5)これがブレーキレバーブッシュのゴム

こんなに小さいゴムなのに

クソ高いブッシュゴム…

お値段何と!¥440(税別)

親子ラインM号ブレーキマスターOH (6)サクサクッとインナーキットを組込んで

セッティングプレートとレバーを締め込み

お高いブッシュが出てこないように

押えて完成。

親子ラインM号ブレーキマスターOH (7)これでブレーキマスターもリフレッシュ。

安心して走行出来ますね。

この個体はまだ処置が早かったので

本体のダメージも少ない方でした。

キャリパーの部品が入荷してくるまでに、エンジンのオイル漏れ箇所をチェック

親子ラインM号オイル漏れ箇所チェック (1)ザクザクっと周辺の

カバー類を取外して

オイル漏れ箇所の特定をしてみます。



親子ラインM号オイル漏れ箇所チェック (4)メインシャフトのオイルシールは

何をやっても無理なので限界らしい。

カウンター側も若干滲み出してますし



親子ラインM号オイル漏れ箇所チェック (9)クランクのつなぎ目も微妙に滲んで

ACGローターのつなぎ目も

微妙に滲んでます。



親子ラインM号オイル漏れ箇所チェック (5)キックシャフトのところ

オイルシールからかなり漏れてます。

ここだけなら良かったのに…



親子ラインM号オイル漏れ箇所チェック (6)下を覗くとオイルパンが

CB350Fの物を使っているので

集合管は使えませんが

ノーマルマフラーなので問題はありません。

親子ラインM号オイル漏れ箇所チェック (3)前回腰上をO/Hしたんだけど

どうやらシーリングワッシャーの

当り面が悪かったのか

スタッドからのオイル漏れだと判明した…

これは悔しい。

親子ラインM号オイル漏れ箇所チェック (6)取合えずエンジンを下ろす準備。

エンジンオイルを抜いてます。

漏れる量が多かったのか

出てくる量も少ない…

親子ラインM号用ブレーキ純正部品入荷今日入荷予定の

フロントブレーキキャリパーの純正部品が

雪の影響で入荷が遅れるかと思ったけど

無事に入荷して来たので

親子ラインM号ブレーキキャリパーOH (1)サクサクッと組付け

この際ついでなのでキャリパー本体も

リビルト済み、パウダーコートで

仕上げた物と交換しました。

親子ラインM号ブレーキキャリパーOH (2)アウターケースも綺麗になったので

キャリパーも綺麗だと

見た目が全然違いますからね。



親子ラインM号ブレーキキャリパーOH (3)新しいブレーキフルードを入れて

エアー抜き完了です。

これが本来の色でほぼ無色で

湿気や経年で琥珀色になります。

さて、エンジンを下ろそうと思ってヘッドカバーのボルトを緩めていると…

タイラップの切り方 (1)ETCの配線を縛ってあるタイラップが

凶器化していて、指をザクッと…

ETCは専門店が取付けるはずなので

これはちょっと…ですよね、しかも斜めだし。

タイラップの切り方 (2)そもそも白色なのも気に入らないけど

取合えず全部カットしてやりました。

僕はタイラップを切るニッパは両刃は使わず

片刃のニッパを使います。

両刃だと、幾ら根元で切っても丁度手が切れるぐらい残るからです。

親子ラインM号スプリングシート不在オイルフィルターの

スプリングシート不在。

フィルターのセンターボルトが入る所に

スプリングがめり込んでめくれ上がってます。

親子ラインM号クラッチ誤組みクラッチのロックワッシャー

再利用は、「あり」だと思いますが(再々はNG)

緩み止めの折り曲げをしてなかったし

皿バネが反対にセットされていた。

当然ながらロックナットは緩んでいた?トルクが掛かっていなかった?…

親子ラインM号エンジンどーん取合えず

エンジンどーん!

まぁそんな事も今回で全てリセット。

今日はここまでで終了。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) メンテナンス | 部品

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔