2015年02月05日

もらい物3

アルコールの差し入れは大歓迎なんだけど
先日黄色い君からもらった風邪の様な物は
セキも軽くでるし、喉も軽く痛い
インフルじゃないと言ってたけど
普通に風邪の菌を頂いた感じです。
こりゃぁ家には帰れんわなぁ…

そんな木曜日は近所のバイク屋さんの定休日なので
例の如くカブに乗ったお年寄りの方が
「パンクの修理をして」とやって来るけど
これも何時も聞く事なんだけど
最後にタイヤの空気を入れたのは何時?と聞くと
覚えてないとか、いやーこの前に…とか言う
でも、タイヤの磨耗具合を見れば
空気なんて入れて無いのは直ぐ分かる。
なので、9割方空気を入れると直る。
お爺さんに「最低でも月に一度はタイヤの空気圧を点検しぃやぁ、死ぬでぇ」
と優しく伝えてお帰りになりました。


ヘッド増し締め

急にバタバタとしてしまい、予定していた作業が遅れましたが

嵐のヨンフォア号シリンダーヘッド増し締め (1)嵐のヨンフォア号のヘッドを

増し締めしてみました。

ヘッドガスケットが結構沈んでいた様で

思ってたよりも締まりました。

嵐のヨンフォア号シリンダーヘッド増し締め (4)これでオイル漏れが

無くなれば良いのですが…

取合えず今回の作業は完了しました。

試運転に行きたいけど

店番が居ないので、キャブの確認が出来てません…


イエローデーモン号仕上げ1日目

14日のROCでシェイクダウン予定のイエローデーモン号の

イエローデーモン号仕上げ作業1日目 (1)仕上げ作業に取り掛かります。

仮組み状態なのでボルトの

締め忘れなどをチェックしながら

ワイヤリングが必要な箇所は穴を開けます。

イエローデーモン号リア回り (1)まずは、リア周りから一旦分解

これリアブレーキマスター

今巷で流行してる物で

タンクレスになってます。

イエローデーモン号リア回り (2)YSSリアサスに付属している

低頭ボルトとロックナットなんだけど

チェーンラインの関係でスプロケットの

取付けボルトと干渉してしまうので

イエローデーモン号リア回り (3)内側から極低頭ボルトを入れます。

そして外側でロックナット止め。





イエローデーモン号リア回り (4)これでスプロケットの取付けボルトとの

クリアランスが十分確保出来ました。





イエローデーモン号リア回り (5)これでリア周りの仕上げは一先ず完了。

スイングアームはアゲインスチールの

CPレーサー仕様で、フックボルトや

リアスプロケットガードを取付けるステーが付いて

イエローデーモン号リア回り (6)トルクロッドもショートタイプになって

より軽量化となってます。

こうしてレーサーも常に進化して行きます。

部品もより良い物を選べるのが良いですね。

イエローデーモン号フロント回り (1)次、フロント周りを分解して行きます。

ステムも仮組みなので

全部分解してステムの

グリスアップからとなります。

イエローデーモン号フロント回り (2)サクサクッと分解して

ステムにグリスアップ!





イエローデーモン号フロント回り (3)フロントブレーキのエアー抜きまで完了。

後はエンジン乗せて配線を終わらせて

リアブレーキキャリパーのO/Hとエアー抜き。

ワイヤー類の取回しをやれば完成かな?

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) エンジン | レーサー

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔