2015年01月10日

再生3

昨日は枚方十日恵比寿の宵宮。
これも例年の如く、嫁が出向いて
商売繁盛の祈願と、熊手を買って来てくれた。
そんな嫁が昨晩から高熱を出してる。
インフルエンザの疑いあり…
この前まで、一番下の弟一家が
インフルエンザで全滅だった家に行ったので
伝った可能性があるので
当分店には来られないと言う事は
僕も家に帰れない…
当然、晩ご飯もない…
仕方ないので、酒の量が増える。


昨晩の困ったちゃん

例の如く昨晩も閉店間際にご来店。

銀Jr号フロント周り今度はフロント周りの

灯火系配線などのやり換え

酷い配線状態だったねぇ…

電源を取るのに全部カニで挟んで

そこから延長して、またカニで分岐して…

それを全部取っ払ってSTDな配線に戻してました。

1501096の対戦相手そんな僕は、口と工具は出しても

手は出さないとので、飲酒タイム突入

昨晩の対戦相手は、閉店間際の

銀次郎と対戦!

余りにも旨過ぎて、一升空けてしまう所だったけど

多分五合は残したと思うので、今晩倒します!


のりぞう2号機 リ・リボーン

昨日オーナーと電話会談。

1号機から移植した電装品がここに来て不具合を頻発させているので

主要な電装部品は交換する事となった。

のりぞう2号機完全復活 (1)まずはイグニッションコイル

オーナーはダイナかウオタニかBRCを

チョイスする案を提案してきたのですが

それぞれ、コスパ的な部分と信頼性が…

のりぞう2号機完全復活 (2)と言う事で純正品と

同一メーカー製リプロ品の

IGコイルをチョイスして

プラグキャップも新品にしました。

のりぞう2号機完全復活 (3)僕はこれが一番コスパ的にも

信頼性にも一番良いと

自信を持って進めれるリプロ部品です。

リプロと言っても、全く純正品と同じなので。

のりぞう2号機完全復活 (4)次にセルモーターの動きが重い件

セルモーター本体はリビルドしてるので

これは恐らくセルモーターリレーに

問題があると言う結論。

のりぞう2号機完全復活 (5)単純にリプロ品と交換すれば早いけど

ビルダーと言うよりそこはレストア屋として

単純に譲れないのでリレーを分解。

洗浄しちゃったけどカーボンが溜まってたし

接点のクレーターが酷いので、ここで電圧降下している場合が多い。

のりぞう2号機完全復活 (6)接点を分解してカーボンを除去

凸凹は削って平らにして

マグネット側の接点は裏表にひっくり返せば

綺麗な平面になります。

のりぞう2号機完全復活 (7)セルモーターの機嫌も良くなり

アイドリングも1.000rpmで安定。

フケ上がりとタコメーターの動きが

しっかりリンクしてるので

多分持って来た時ののりぞう2号機と、電装系をリフレッシュした2号機では

あきらかに違う車両、レストアした時の状態に戻りました。

電装系は、昨日まで正常に動いていても次の日に故障する事は

家の電球が突然切れる様によくあります。

そんな時にリカバリー出来るパーツを準備しておくとか、保全的に交換するとか

そんな考え方をした方が、よりベストですよね。

僕はツーリングに出る時、町乗り1号機には常にリカバリーパーツを持ってます。

のりぞう2号機完全復活 (8)ま、そう言う事で、先日ヘッドを開けた時に

3.000キロにしてはカーボンが多過ぎるので

フューエル1をガソリンに混合して

燃焼室の洗浄をやります。

のりぞう2号機完全復活 (9)アイドリングでエンジンがストールする事も無く

とても機嫌が良くなったのりぞう2号機

何時もと音が違う、何か変だな?と

そう言う違和感を一番に感じれるのは

普段から乗ってるオーナーなので、一番調子の良い時の事を覚えていれば

その異変に気付くはずですが、まぁこれぐらいは…と思う前に

原因を突き止める事もCB400Fオーナーの仕事です。

これでのりぞう2号機再再生は終了です。

納車は何時にしましょうか?

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) 電装品 | 修理

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔