2014年08月18日

嵐のヨンフォア腰下診断3

昨日の夜は家族揃って食事に出掛けました。
今回は嬉しい事に現地集合現地解散ではなく
ちゃんとお迎えにきてくれたので
息子と将来の事を語り合いながら
食事をする事が出来ました。
10月には卒業試験、2月には国家試験なので
今は毎日ちゃんと勉強して
時々、遊びまわっているらしい。


嵐のヨンフォアエンジン取外し

夏季休暇も終わって、今日からスイッチを切り替える事が出来て

本格的に作業に取掛かります。

嵐のヨンフォアエンジン取外し (1)ダイナSの調整位置が

右側一杯になっていたので

気になっていたガバナは

やはりスプリングが伸びて、カラカラに乾いてます。

嵐のヨンフォアエンジン取外し (2)スプロケットを取外すと

オイルシールにはダメージがあり

恐らくオイル漏れを止める為にと

液体ガスケットがてんこ盛りです。

嵐のヨンフォアエンジン取外し (3)不要な部品を取外して

エンジンを下ろす準備が整い





嵐のヨンフォアエンジン取外し (4)エンジン

どーん!

降りました。



とりあえずシリンダーとヘッドの測定をしてみました。

嵐のヨンフォアエンジン測定&チェック (1)嵐のヨンフォアエンジン測定&チェック (2)







残念ながら規定値を超えているので、平面研磨確定です。

嵐のヨンフォアエンジン測定&チェック (3)嵐のヨンフォアエンジン測定&チェック (4)







シリンダーのボアサイズも測定しましたが

これもやはり残念な事に規定値を超えてしまいってます。

嵐のヨンフォアエンジン測定&チェック (5)ピストンはこの通り

酷いスカッフと

リングの部分も激しくダメージがあるので

このピストンも使えません。

嵐のヨンフォアエンジン測定&チェック (6)嵐のヨンフォアエンジン測定&チェック (7)







プライマリーチェーンは今までに無いぐらい

完全に伸び切って左右にガタガタ動きます。

恐らくこれが賑やかな音の主原因だと思います。

嵐のヨンフォアエンジン測定&チェック (8)ダンパーゴムは外からでも分かるぐらい

完全に死んでますし

最悪はこのプライマリーギヤーのこの部分

スターティングクラッチアウターが

破損して、今にも中のスプリングが飛び出てきそうになってます。

嵐のヨンフォアエンジン測定&チェック (9)嵐のヨンフォアエンジン測定&チェック (10)







クラッチアウターのダンパーゴムもこんな感じになってますし

ミッションの1stギヤーも当然ながら激しくガタガタ…

開けるのが怖いぐらいです。

peke_cb400f at 18:00│Comments(2)TrackBack(0) エンジン | レストア

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by #64   2014年08月18日 21:46
>最悪はこのプライマリーギヤーの
九州4in1カリスマリーダーと
同じような破壊に至るところだったんだ。
2. Posted by PeKe   2014年08月19日 15:55
5 > >最悪はこのプライマリーギヤーの
> 九州4in1カリスマリーダーと
> 同じような破壊に至るところだったんだ。

結構ここの破損は多いです。
原因はプライマリーチェーンの伸びが原因だと
推測しています。
しかも、この部品がこれまた数少ない…

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔