2014年05月09日

携帯電話故障?3

何か携帯電話の電源が入らなくなって
スマホが?電池切れかと思って充電してるんだけど
それでも電源が入らない
最後に今まで見たことの無い
でっかい電池マークになったまま
何にも変化しない??
何なんこれ???
鬱陶しいわぁ
電池を外そうにも
蓋の開け方がまず分からんし…
そもそも、電池を取り出せるのかすら知らんし…
腹立っわぁ!
で、後で電源を入れるスイッチが何処か分かって無事に解決…


指の化膿

ほんまに痛かったので、暫く酒を飲んでなかったけど

指腐りつつも酒を飲む (1)膿を搾り出して多少楽になったので

内側からアルコール消毒だー!

なんてね…



指腐りつつも酒を飲む (2)H氏から頂いた焼酎の残りを

退治しました。

最近倒すペースが遅い感じもしますが

飲む時間が少なくて、中々退治出来ませんわぁ

1号レーサーアッパーケース (1)そしてほろ酔い気分で

夜な夜なレーサー用エンジンVer2の

分解作業をやっているんだけど

昨日の夜は「アメトーク」の

1号レーサーアッパーケース (2)バイク芸人をやっていたので

久しぶりにTVを見てた。

僕もRGツーリングクラブに入りたいわw

で、クランクの測定は出来なかった。


9号機来週新規車検

残りの電装系部品も入荷してきたので、早速取り付け

9号機やっと完成 来週新規車検ウインカー装着完了

車検に向けて各所のチェック完了!

これで車検が受けれます。

あぁ、車検の予約を取らないと。

久しぶりに寝屋川管轄だなぁ…


破壊的思考1号機

昨日、どーん!したエンジンを分解中

破壊的思考1号機腰下分解 (1)見た目は問題なさそうなんだけど

ベアリングの磨耗した鉄粉が

そこら中に残っているので

洗浄が大変そうですなぁ…

破壊的思考1号機腰下分解 (2)取外したロアケースも

こんなに鉄粉が残っている。

幸いな事にクランクメタルまでは

被害は無い模様ですが

破壊的思考1号機腰下分解 (3)殆どのベアリングは同じ様に

鉄粉が研磨剤になり

カウンターシャフトのベアリングも

ガタガタでした…

破壊的思考1号機腰下分解 (4)ベアリング関係は全て交換

シール類も勿論交換

取外したロアケースは洗浄し



破壊的思考1号機腰下分解 (5)更にウエットブラストで一通り

洗い流しました。

ベアリングは一度かじったら

後は加速的に磨耗して行くので

オイルの温度と使用期間、放置期間含めて

最低でも年4回は交換する物だと思って下さい。

破壊的思考1号エンジン内パーツ洗浄組立て (1)でまぁ、組立ての下拵えに取掛かります。

ロアケースに入れれる部品

ベアリング、Oリングは全て新品に

交換ですね。

破壊的思考1号エンジン内パーツ洗浄組立て (2)次にミッションのチェック

うーん…





破壊的思考1号エンジン内パーツ洗浄組立て (3)問題無いのはプライマリーギヤー

ダンパーゴムもちゃんと弾力が

残っているので、このまま使用なのですが



破壊的思考1号エンジン内パーツ洗浄組立て (4)何にせよ鉄粉の量が多いので

洗浄&洗浄で

鉄粉を綺麗に洗い流します。



破壊的思考1号エンジン内パーツ洗浄組立て (5)メインシャフト

焼きが入り磨耗してしまってます。





破壊的思考1号エンジン内パーツ洗浄組立て (6)カウンターシャフト

これも焼きが入り磨耗してます。

なので両方のシャフトは交換となります。



破壊的思考1号エンジン内パーツ洗浄組立て (7)1stギヤーブッシュも

表面のコーティングが剥がれているので

これも交換。



破壊的思考1号エンジン内パーツ洗浄組立て (8)ギヤーは問題ないので

中古良品のメインシャフトに移植。

手間が一緒なので

いっその事クロスミッションにしたろうかと…

破壊的思考1号エンジン内パーツ洗浄組立て (9)カウンターシャフトの

ベアリングを外すと

セカンドギヤーが焼き付いてます…

もう、宝物庫に状態の良いカウンターシャフトは

破壊的思考1号エンジン内パーツ洗浄組立て (10)残ってないかもねぇ…

今日はここで心が折れて終了。

せめてミッション用強化オイルポンプだけでも

入れた方が良いねぇ…

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) 修理 | レストア

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔