2014年02月26日

2桁突入!3

体重が久しぶりに限りなく三桁に近いけど
二桁に落ちました。
やっぱり鈴鹿でスポーツ走行したから
代謝が上がって、ラーメンを食べても相殺して余るぐらい
エネルギーを使ったと言う事でしょうか。
明日はエコー検査なので
今晩21時以降から絶食となるので
21時までの間に食べ貯めするかぁ…
酒も飲めないしねぇ。


1号レーサー修理

オイルプレッシャーランプが点灯しなくなったので配線チェック

1号レーサー配線チェック (1)オイルプレッシャーの配線は

プレッシャースイッチからランプまで

一本で持って行ってるし

電源ラインもメイン一本から分岐させてるので

途中で切れるとメーター周りは全部点かないはず。

1号レーサー配線チェック (2)なので、プレッシャーラインの断線か

ランプの接続ギボシが外れていないか

赤ランプのLEDが壊れていないか

オイルが入っていないか以外は考えられない

1号レーサー配線チェック (3)テスターでチェックしたけど

断線はしていない様子ランプが壊れたか?

ニュートラルランプとラインを入替えても

点灯しないのでランプか…

1号レーサー配線チェック (4)で、一番最後に原因が分かった。

ランプの根元のハンダが外れてるし。

ちゃんと取れないハンダしとけよ…



1号レーサー電装、エンジン復活 (1)取りあえず応急で修理しましたが

また新しいのを購入します。

エンジンを掛けて暫くすると

一気筒死んでる様子…

1号レーサープラグ破損 (1)転倒した側のプラグキャップを外すと

粉々に砕けていました。

ボテゴケでも被害は大きいです。



1号レーサープラグ破損 (2)見るとプラグも先端が曲がっている

しかも死んでる様子で

火花も飛ばなくなっている。



1号レーサープラグ破損 (3)サーキット用の予備部品箱から

こう言う時の為の部品を出して

プラグキャップとプラグを交換



1号レーサー電装、エンジン復活 (2)無事にエンジンと電装関係は復活

一コケで手間と部品代も

結構掛かりましたねぇ…

ここに来て痛い出費です。

カウルもお高いので応急で補強と補修で何とか今期は持たせるべく

1号レーサーカウル補修&補強 (1)1号レーサーカウル補修&補強 (2)






1号レーサーカウル補修&補強 (3)割れた部分を接着剤を流し込んで

アルミプレートで補修と補強しました。

次、倒したらこのカウルも

もうダメだろなぁ…

1号レーサー復旧完了後はリベットで止めて

取りあえず修復は完了!

何か、メカ的に見えてこう言うの好きw

さぁ!これで後はタイヤを交換して

来月の7日に走れるぞ!

peke_cb400f at 18:24│Comments(0)TrackBack(0) レーサー | 修理

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔