2013年10月14日

BG発売日3

今日発売(早い所は昨日)の雑誌BGに
第三回西日本ヨンフォアミーティングの記事が載ってました。
我がカスタムパラノイアも載ってましたが
酔っ払ってて、何の撮影かも分からないままだったので
もっとまじめに撮って貰えば良かった…
相変らず最低な、ただの酔っ払いでした。

先週、銀ちゃんが風邪を引き
先日は弟が風邪を引いてしまい
大体僕はそういう頂ける物は
遠慮していても頂いちゃうので
昨日から風邪気味で最悪です…
今日は咳とのどの痛みと、身体のだるさが酷い…


1号レーサーに8ディスククラッチキット

新品のノーマルクラッチプレートに

バーネットの強化クラッチスプリングを装着していたので

クラッチが激しく重く、何とかCB400F用の8ディスククラッチキットを

8ディスクキットCB350F用にモデファイ (1)CB350Fに使えない物かと

色々と考えていました。

元々の取付け方法が異なる上に

強度的にもCB350Fの方が不利なんです。

8ディスクキットCB350F用にモデファイ (2)なので純正のクラッチセンターを加工して

スプライン付きのスペーサーを作りました。

アルミカラーは磨耗するだろうし

スチールで作るとスプラインが

磨耗する可能性もあったので

純正のクラッチセンターを加工した方が良いだろうと言う事です。

8ディスクキットCB350F用にモデファイ (3)一応これでサークリップで固定出来るのですが

CB400Fと固定方法が異なるので

本体がアルミ製のクラッチセンターでは

バックラッシで本体側が磨耗する事は

8ディスクキットCB350F用にモデファイ (4)間違いないだろうと思います。

取合えず出来る事をやるしかなく

色々と考えて



8ディスクキットCB350F用にモデファイ (5)8ディスクキットのセンターに穴を開け

回り止めを入れる事にしました。





8ディスクキットCB350F用にモデファイ (6)スペース的にも回り止めのサイズは

4mmぐらいが限界かな

タップを立てました。



8ディスクキットCB350F用にモデファイ (7)加工したスペーサーをセットして

サークリップで固定

ボルトにネジロックを塗って締め付けました。

一応これで補強にはなると思います。

1号レーサーオイル交換西浦サーキットでシェイクダウンを終えたので

ガソリン10ℓ分と走行時間80分弱ですが

オイル交換をします。



8ディスクキット装着 (1)このタイミングに合わせて

クラッチを交換する訳なのです。





8ディスクキット装着 (2)恐らく今回クラッチが最後まで持ったのは

この、クソ硬いバーネットの

スプリングのお陰だと思ってます。



8ディスクキット装着 (3)取合えず交換完了

普通の強化スプリングにして組付けましたが

軽い!凄く軽いので

パワーにさえ負けなければ

乾式クラッチは必要ないかも知れません。

次の走行が楽しみです。

Go Proカメラ位置調整 (1)動画撮影用のGO Proカメラの位置が悪く

良い画が撮影出来なかったので

カメラ位置を変更してみる事にしました。

半分以上がカウルなんで…

Go Proカメラ位置調整 (2)まぁ、カウルが写る事に変わりはないけど

これで少しアングルが変わったので

何とかなるかなぁ…

来週この辺りを検証してみます。


3号レーサー ブレーキと配線

ブレーキの部品が全部揃ったので

3号レーサーブレーキ仕上げ (1)早速ブレーキフルードを入れて

エアー抜きです。

ブレーキフルードはやっぱりレーサーなので

沸点の高いSP-4にしました。

3号レーサーブレーキ仕上げ (2)新アイテムを使ってリークチェック

ブレーキレバーも拘りたかった所なんだけど

まぁ仕方ないかな。



3号レーサー配線準備クラッチホルダーも届いたのですが

クラッチ側のレバーを貰うのを忘れてたので

拘りの当時物レバーを付けたので

余計にブレーキレバーも当時物を付けたいと思った。

ハンドルスイッチから余計な配線を取除きました。

パッと見はレーサーっぽくないCB350F改CB400F仕様

完成が楽しみなのは、オーナーだけじゃないw

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) レーサー | 電装品

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔