2013年05月25日

雪国号エンジン下拵え3

囚われの自由人くんのお陰で
随分と仕事が捗ってます。
この分なら、1号機の復活も早い気がするので
色々と激しく妄想中です。
来年に向けて色々と計画をしており
本気のダイエットも始めたので
来年も楽しい人生を送れそうです。


本気ダイエット二日目

とある目標の為に本気で始めたダイエット、昨晩で二日目です。

ダイエット2日目メインのメニューはサラダとカニカマ

温泉たまごとササミ、晩御飯はこれだけ

その後、何時もの感じで缶ビールを4本と

焼酎を多分3.4杯ぐらい…

〆はアイスクリーム1本だけで昨日は終わり。

多分、この時点でかなりゲッソリしているはずです。

新しいツーリングバッグ1号機の復活はまだ先ですが

傷の入ったツーリングバッグの代わりを購入

今度のはナビも入る優れものですが

その分容量が少なかったけど

まぁ良い感じかな!来週ぐらいには物損の方は片付くのかなぁ…


5年熟成398メッキパーツ

囚人の自由人くんが半日掛けて錆を落としたメッキ部品

5年熟成398メッキパーツ (1)クロームメッキの部品錆取りは

これでほぼ完了ですが

少しリアフェンダーが…



5年熟成398メッキパーツ (2)テールブラケットを取り付ける所

ここは2重になっている部分で

大体のフェンダーはここが腐ってます。

このフェンダーも腐っていてボコボコでした…

5年熟成398メッキパーツ (3)おまけに配線を通す穴が拡大されていて

グロメットが入らないので

ちょっとこれは、要相談になります。

メッキしても使い物にならなければねぇ…


雪国号エンジン下拵え

多分来週には内燃加工から戻ってくるはずなので

エンジンの組立て準備や、臓物や新品部品チェックです。

雪国号臓物チェックと部品交換&組立て準備 (1)まず、ミッション関係の磨耗度合いをチェック

しっかりオイル管理して

丁寧な乗り方だったのでしょう

磨耗も少なく全然問題ありません。

雪国号臓物チェックと部品交換&組立て準備 (2)スタッドボルトも洗浄

細かな部品も全部チェックを済ませ

パート毎にトレイに仕分けです。



雪国号臓物チェックと部品交換&組立て準備 (3)消耗品であるベアリングは勿論

全て新品に交換しますし

1stギヤーブッシュや

ミッションのOリングも交換です。

雪国号臓物チェックと部品交換&組立て準備 (4)こちらは不用の部品達

残念なシリンダーは

レーサーか何かに使わせて頂こうかなぁ…



雪国号臓物チェックと部品交換&組立て準備 (5)今回はピカピカ仕上げでは無いので

ボルト類は汚れを洗い流すだけです。

細かい部品も一緒に洗浄

囚人くんの仕事です。

雪国号臓物チェックと部品交換&組立て準備 (6)古いベアリングです。

最終的にはこちらで処分するか

オーナーが持ち帰るか

なので今はまだオーナーの物です。

雪国号臓物チェックと部品交換&組立て準備 (7)オーナーが気にしていたのがこれ

国内408なのにTECのガバナが付いており

オーナーとしても拘りたい所

NDガバナの程度の良さそうな物と交換もOK

雪国号臓物チェックと部品交換&組立て準備 (8)ポジティブストッパーのピンは

例の如く磨耗しているので

これは強制的に交換です。



雪国号臓物チェックと部品交換&組立て準備 (9)一通りの部品チェックも終わったので

組める物をドンドンと組立てて

エンジンが戻ってきたら

サクッと組める様に下拵え

雪国号臓物チェックと部品交換&組立て準備 (10)新品のプライマリーダンパーゴムと

新品のニードルベアリングを入れて

プライマリーギヤーのセット



雪国号臓物チェックと部品交換&組立て準備 (11)新品のプライマリーチェーンと

ベアリングなどを纏めてトレーに保管





雪国号臓物チェックと部品交換&組立て準備 (12)シフト関係の細かい部品も洗浄







雪国号臓物チェックと部品交換&組立て準備 (13)シフトドラム、スターターリダクションギヤー

キックギヤー全て健全でした。





雪国号臓物チェックと部品交換&組立て準備 (14)カムチェーンは強化のエンドレスに変更

テンショナーアームは純正新品もあるのですが

ここは固着しにくいリプロの

アルミ削り出しを採用しました。

雪国号臓物チェックと部品交換&組立て準備 (16)一番心配だったカウンターシャフトの

セカンドギヤーの焼き付きですが

カジリも、焼けもなくて

綺麗な物で安心しました。

雪国号臓物チェックと部品交換&組立て準備 (17)ミッションベアリングの交換完了

1stギヤーブッシュも交換完了です。





雪国号臓物チェックと部品交換&組立て準備 (19)オイルパイプとオリフィスは

結構目詰まりしやすい所があります。

強化オイルポンプ仕様のエンジンなので

少しモデファイしました。

雪国号臓物チェックと部品交換&組立て準備 (20)CP製メイン強化オイルポンプに

アゲイン製のミッション用強化オイルポンプ

最強の組み合わせにしました。



雪国号臓物チェックと部品交換&組立て準備 (21)オイルシール、ゴム類、パッキン、ガスケット

純正新品の出る物全て投入して

このエンジンを仕上げます。



雪国号臓物チェックと部品交換&組立て準備 (22)そうそう、ブリーザーパイプの発注漏れは

レデューサーを取付けるので

破れている所をカットして入れました。

これで多分忘れ物は無いはず…


きょうの問題児

キャブ脱落などの様々な問題を抱えたFくんがやって来た。

この前は発電しないと言うトラブルがあって

レギュレターやコイルなど色々と交換した挙句

最終的にはブラシの変磨耗が原因だったと言うオチ…

今日の問題児130525 (1)そして今日はキャブが脱落する原因を

色々と調べ、賢人からの情報で

その処置をしにやって来た。

多分キャブの調子が悪いのも

二次エアーを吸っていたんじゃないかと、今更ながらに思うw

今日の問題児130525 (2)壁に向かってブツブツと話をしている

危険な感じのおじさんが

インシュレーターを削っている姿。



今日の問題児130525 (3)取合えず取り付ける事が出来たので

一安心なのかな?

なんかPITから彼の悲痛な声が聞こえたけど

僕は知らない…

peke_cb400f at 18:00│Comments(1)TrackBack(0) エンジン | 部品

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by PeKe   2013年05月26日 08:48
カイブキさん

内用が当ブログとの関係性が低く、事実だとしても
当ブログに相応しくない書き込と判断します。
また同じ様な書き込みをスパム的にあちこちに
書かれているなど、ブログを管理すると言う観点から
この書き込みは削除させて頂きます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔