2013年04月12日

ヨシムラマフラー予約開始3

4/6のヨシムラ キックオフミーティングの
お披露目から早くも
本日より予約受付が開始された模様
予定生産数は50本ですが
予約数に応じて本数を生産するとの事
販売価格は¥128.000(税別)
予約締め切りは7月20日
6月下旬より随時出荷らしい。
ヨシムラジャパンのHPにも掲載されるらしいよ。
シャーシ台にて高回転域の動画も公開されるらしい。
マフラーエンドの見えない部分に
アルミプレートがリベット止めされたプレートが付けられ
シリアル發筌蹈奪反瑤覆匹刻印されるらしい。
CPでも予約出来ますけどね。

【追記18:53】
【ヨシムラからのメール転載】
****************************************************************
《1》新商品情報! CB400FOUR(74-77)レーシング手曲ストレートサイクロン
  期間限定受注生産
****************************************************************
1974年に408ccで誕生し、「カフェレーサー」の先駆けとなったCB400FOUR。
その後、ヨシムラチューンのCB400FOURが谷田部テストコースで
最高速度180.00km/hを記録したのは1976年春のこと。
それ以来ヨシムラCB400FOURはカスタムの目標となり
チューニングパーツは多くのユーザーの皆様に愛用されていきました。
それから38年。
多くのユーザーの方々の熱い想いを受け
今回「CB400FOURレーシング手曲ストレートサイクロン」を完成させました。
しかし、このマフラーは「当時の復刻」ではありません。
なぜなら、今回我々が目指したのは当時のヨシムラスタッフの
CB400FOURチューニング「哲学」と
現在のヨシムラの「技術」の融合であるから。
ヨシムラのスピリッツを受け継ぎながら
現代の技術で表現する。それが現代のヨシムラが具現化する
復古ではない新しいCB400FOURサイクロンの形です。
○受注期間:4月12日(金)〜7月20日(土)
○発売日:6月下旬より出荷開始
○税込 134,400円
http://www.yoshimura-jp.com/special/cb400four/


昨晩の対戦相手

別に飲むつもりは無かったんだけど

振り返るとそこには酒瓶があって、良く見ると日本酒だった…

昨晩の対戦相手130411 (1)てっきり焼酎だと思っていたのと

超辛口と言う挑戦的な文字に

僕の闘志が湧き立ち対戦を開始!

思ったほど超辛口と言う訳でもなく

昨晩の対戦相手130411 (2)あっと言う間に退治してやりました。

その後あちこちに電話して

迷惑を掛けたらしいよ!

ごめんなさい。


雪国号純正キャブ同調

昨日組上げた雪国号のキャブの同調

雪国号純正キャブ同調 (1)ホース類をつないで準備

久し振りにテストエンジンを掛けるので

ちゃんと動くか心配だったけど

無事にセル1発で始動した。

レーサー用タイヤ入荷同調を合せようとしていたら

まっきーレーサー号のタイヤが入荷

どうやら最後の1セットだったみたいで

取引先の在庫は0になっていました。

高いタイヤなのによく売れるらしいよ。

雪国号純正キャブ同調 (2)雪国号のキャブは調子が良くて

あっけなく同調が揃いました。

実機に乗せてから

もう一度チェックするのですが

雪国号純正キャブ同調 (3)一応、緩み止め代わりのマーキング

オリジナルと同じ感じの

黄色いペイントです。

実際は無負荷なので

エンジンが出来上がってからリセッティングですね。


手篭め純正キャブOH

明日は一日忙しくなりそうなので

今日中に分解チェックしてしまいます。

手篭め純正キャブ分解 (1)まず最初は…

オーバーフローを何とかしたかったのか

Oリングを交換せずに液体ガスケットで

誤魔化された感じ?

手篭め純正キャブ分解 (2)ボディのねじ山は無く

刺さっていただけ…

2本だけで固定されていた様で

ガソリンの漏れを防ぐのに

手篭め純正キャブ分解 (3)フロートチャンバーは液体ガスケットだらけ

Oリングはペッタンコです。





手篭め純正キャブ分解 (4)油面は全体的に高目で

フロートには過去に長期放置だった痕跡

SJ、MJ、フロートバルブは純正だけど

腐り具合から相当古い感じ

手篭め純正キャブ分解 (5)ほら…液体ガスケットが

ニードルホルダーを埋めてます。





手篭め純正キャブ分解 (6)ニードルは弄られた痕跡があります。

ネジを無くしたのか?





手篭め純正キャブ分解 (7)何処のワッシャー?

何でこんな所に?





手篭め純正キャブ分解 (8)どうやらニードルとニードルホルダーは

新品に交換されている様ですが

残念な事に、液体ガスケットで

穴がふさがれてます…

手篭め純正キャブ分解 (9)取合えず何をどうされているのか

分からないので

バラバラにしてみました。



手篭め純正キャブ分解 (10)何の意図があったのか?

#1.4だけクリップ位置を変える必要が

何処かにあったのか?

このキャブ梃子摺りそうな予感

取合えず最低限必要な部品を拾い出して発注しました。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) キャブレター | メンテナンス

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔