2013年01月26日

欠損部分の再生3

医学部も後半になると毎年進級するのに
センター試験か入試並みの進級試験がある。
4年生では大事なテスト(CBT)があって
将来の進路に影響するらしく
早くお医者さんになってもらって
高級車を買って貰わないといけないので
僕が家に帰ると騒がしくなりそうだから
暫くは家でゆっくり出来そうにありません…


再生

昨日はCB900Fが朝から入庫する予定でしたが

買い物とかで遅れて来そうなので

時間つぶしにチョコチョコっと作業

1号機テールレンズ交換余りにも似過ぎている1号機と銀ちゃん号

毎回来る人が混乱するので

せめてと思い、テールレンズを交換した。

微妙過ぎて誰も分かって貰えないと思う…

6号機ハンドル周り完成ハイスロにしようかと悩んでいましたが

トータルバランス的に考えて

ハンドル周りはノーマル仕上げにしました。

スピードメーターは仮に置いてあるだけです。

Wディスク用マスター (1)Wディスク用にマスターをボーリング

インナーパーツもW用に変更





Wディスク用マスター (2)サクサクっと組込んで完成

近日中に発送します。





BEETカバーXJ用 (1)こちらはXJ用のBEETカバー

残念な事にL側の取付け部が欠損

手に入らない物らしいので再生です。

BEETカバーXJ用 (2)溶接で肉盛り

IPS細胞の様に

欠損している部分が再生しました。



BEETカバーXJ用 (3)余分な部分をリューターで

プィンプィンっと荒削り

元の形が分からないので

平面だけ削りました。

BEETカバーXJ用 (4)中仕上げまで終了

後は純正カバーからでも

型を写して周りを仕上げて

穴を開ければ完成です。


CB900Fスタッド折れ

車検が来月となり、スタッドボルトが折れて排気漏れするので

昨日は朝から除去作業を兼ねて整備をしてました。

CB900Fスタッド折れ除去と整備 (1)11時過ぎにやって来たDr.M君

エンジンが冷えるまで

電球を交換してLED化してますが…

この時点で色々と問題が発覚です。

CB900Fスタッド折れ除去と整備 (2)メーターバックライトのゴムが

硬化して抜けないし

油圧灯とニュートラルランプの配線が

+―逆に接続されていてLED化が無理

フロント側のウインカーはWタイプだったりとかで、軽くトホホ状態でした。

CB900Fスタッド折れ除去と整備 (3)エンジンも冷えたので

無理やり付いていた4本マフラーを

四苦八苦しながら取外し完了!



CB900Fスタッド折れ除去と整備 (4)折れた箇所は#4の内側

ダウンチューブの横なので

ドリルが真っ直ぐ入らない…

エンジンを下ろすしかないのか!

CB900Fスタッド折れ除去と整備 (5)だけど、手はあるので

エンジンマウントのボルトを全部抜き

エンジンを持ち上げ、横にズラして

工具が使える角度にしました。

CB900Fスタッド折れ除去と整備 (9)Dr.Pの摘出手術成功です。

何とかこれで車検も通るでしょう。

しかし、幾つかの問題も見つかったね。

歯科医になるほうが早いか

CB900Fスタッド折れ除去と整備 (10)Fが壊れる方が早いか…

大事に乗ってください。

マフラーは結局ショート管に変更

M8のスタッドは早々に全部交換を推奨です。

CB900Fスタッド折れ除去と整備 (11)全部終わったのは11時過ぎ

この後ご飯食べて事務処理して

3時に就寝…何故か7時前に起床…

眠い

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) 部品 | 修理

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔