2012年12月01日

シャコタン★ブギ3

懐かしい映画を見つけました。
シャコタン★ブギ (少しカットされてます)
結婚する1年ぐらい前の撮影だったと思います。
撮影場所は福井県敦賀市が殆ど
敦賀駅、気比の松原、港大橋、河野海岸、レインボーライン
暴走シーンでは、嫁も僕も映ってますが
本人しか分かりませんw (コマちゃん役じゃないよ!)
撮影は夜中まで掛かってたのを覚えてるかな
スタッフが「お疲れー!」って言った瞬間に
そのまま本物の大暴走が始まってハコスカが一台大破してた。
エンドロールに地元暴走族のチーム名や
世話役の名前が載ってないなぁ
それと知られてませんが、CPツーリングで敦賀方面に行く時は
撮影場所巡りみたいなツーリングコースを走ってるんですよねw


6号機エンジンブラスト中

6号機のオーナーになる予定の方から

作業促進剤を頂いて、飲み干してしまったので

6号機エンジンブラスト中 (1)早く作業を始めないと…と思い

エンジンケース類を引っ張り出しました。

使えない物、無い物もあったので

宝物庫から持って来た。

6号機エンジンブラスト中 (2)初期の408ってヘッドカバーは

350Fのと同じ物を使ってるのかな?

んーよく分かりませんが

350Fタイプのヘッドカバーですね。

6号機エンジンブラスト中 (3)例のカムチェーンガイドのところ

これは耐久テスト済みなので

溶接で肉盛りします。



6号機エンジンブラスト中 (4)シリンダーヘッドは土に返ろうとしています…

こんな状態の物でも、余程の状態で無い限り

僕の手に掛かれば復活すると思います。

どんな風に仕上がるのか楽しみですね。

6号機エンジンブラスト中 (5)全体的に耐熱塗料で塗装されているので

剥離する手間が掛かってしまいます。





6号機エンジンブラスト中 (6)こんな状態のオイルパンも

塗装されてますが

流石にこれは使いません。



6号機エンジンブラスト中 (7)一日中たちっ放しでブラスト

電話が鳴っているのも気付きませんでした…

まぁ、今日はここまで

下地処理が良かったのもあって進んだ方です。

6号機エンジンブラスト中 (8)後残すは、一番手間の掛かる

シリンダーとヘッド

シリンダーはガスケットを剥がして

ヘッドは分解、掃除をして状態チェック

良ければそのままブラスト処理します。

6号機エンジンブラスト中 (9)アッパーケースは途中までやったので

後1時間ぐらいで終わるかなぁ…

ちょっと休憩してから

最後まで仕上げに掛かります。

peke_cb400f at 18:00│Comments(2)TrackBack(0) エンジン | レストア

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ヒロ   2012年12月01日 18:45
そういや『テレンス・P』の前は『リアル・コマちゃん』って言われてなかったっけ
2. Posted by PeKe   2012年12月01日 20:49
5 > そういや『テレンス・P』の前は『リアル・コマちゃん』って言われてなかったっけ

確かに!w

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔