2011年12月30日

危機一髪3

結局昨日は開始時間が30分ずれ込みましたが
毎年恒例の忘年会楽しい仲間達と
美味しい料理と
美味しいお酒を
しこたま飲んで
軽い二日酔いです。
今年は、おばちゃんですが
一応女子率が高かった忘年会でした。
毎年恒例の忘年会 (1)最後の〆は河豚雑炊
イクラとウニのトッピング
大変美味しゅう御座いました。
又来年も企画します。
良いお年をお迎え下さい。




ギンギラ号のHIDスイッチ

ヘッドライトが常時点灯のギンギラ号ですが

この前のバッテリー上がりの時に、発電量をチェックした所

HIDの消費電力が激しくて、充電所では無いと言う事が判明

ギンギラ号HIDライトスイッチそこで、ヘッドライトのON:OFFスイッチを

付ける事になった訳です。

常時点灯と言えどもHIDの消費電力を

ちぇんと計算しないと…

ギンギラ号HIDライトスイッチ (1)中でも大変だったのがスイッチの選定

スイッチもメッキでないと

ギンギラ号のビジュアル的に合わない

でも、探せばある物ですね。

これが昨日の夕方、バタバタし始めた頃のお話です。

2011危機一髪の衝撃映像以外と作業は早く終わったので

銀ちゃんと僕は外でお話をしていると

左上の自転車同士がこの後接触します。

右から勢い良くやって来たお年寄り

2011危機一髪の衝撃映像 (1)道路側へよろめいて倒れます。

そこへトラックが!

僕はこの時「見てしもた!」と思いました。



2011危機一髪の衝撃映像 (2)トラックと爺さんの頭は数センチで

道路に脳ミソをぶちまけずに済みました。

銀ちゃんの肩がすくんでます。

どう見ても悪いのは爺さん

もしこのトラックにひかれていたら、良い迷惑なのは運転手ですね…

生きる術を知る猫これはオマケですがCPの駐車場にある黒い影

野良猫なのか、飼い猫なのか分りませんが

何をしているかと言うと、道路の向こう側へ

渡る為に、信号待ちしています。

生きる術を知る猫 (1)でも、実際は信号待ちと言うより

車が止まるのを待ってます。

何がこの子にこの生き抜き方を

教えたのかは分りませんが

これがこの子の日常で、信号を無視する車やバイクが

居る事も理解している様です。

人間の愚かさを思い知らせられます。


398改458不調原因判明

ダイナのIGコイルにたまたま不調が合った事で、すっかり電装系の

398改458不具合原因判明不調と言う考えに落とし込まれてしまい

その上忘年会やラーメンと

バタバタと予定をこなさなくてはならず

落ち着いて考える時間を失ってしまい

398改458不具合原因判明 (1)冷静な判断力を失ってました。

ダイナのIGコイルもついでなので

接点を磨いて緩んで抜けない様に処置

改めて、このコイルを車両に装着します。

398改458不具合原因判明 (2)根本的な原因が分ったので

快調にエンジンは動いています。

では、何が原因だったのかと言えば

FCRのセッティングでした。

398改458不具合原因判明 (3)プラグにカーボンが付いてしまい

火花が飛ばなかったと言うオチです。

ASを1/2回戻しから1回戻しにして

SJを#45から#42に交換

398改458不具合原因判明 (4)MJも変更したい所だけど

最終的に慣らしが終ってからにします。

やっぱり慌てずに落ち着いてやらないと

見当違いの事をしてしまう物ですね。


オイル、スプロケ交換

カスタムフォアのスプロケが入荷して来たので

カスタムフォアオイルとスプロケ交換ついでにオイル交換もやる事になり入庫です。

到着したてでエンジン熱々なので

スプロケの交換準備から掛かります。



カスタムフォアオイルとスプロケ交換 (1)まだ少し熱いですが少しだけ我慢して

ドレンボルトを外しました。

マグネットのドレンボルトの先端には

ちょっとまずい物が引っ付いてました…

カスタムフォアオイルとスプロケ交換 (2)大き目の鉄粉とスプリングの破片…

多分ワンウェイクラッチの部品です。

ちょっとエンジンがマズイ状態なので

オーナーに幾つかのプランを提案して

この先、どうするかを考えてもらう事にしました。

カスタムフォアオイルとスプロケ交換 (3)オイルの雫が治まるまでの間

リアのスプロケを交換します。

特注品、6穴マルケジーニ用黒アルマイト

肉抜き加工もして貰いました。

カスタムフォアオイルとスプロケ交換 (4)安心してエンジンをぶん回す為には

エンジンを開けた方が良いでしょうが

どうしても費用が掛かってしまいますからねぇ…

ここまでカスタムしてあるので

ある程度は仕方ないでしょうねぇ…



peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) エンジン | キャブレター

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔