2011年12月16日

足の修理3

今日はお店は早仕舞いです。
だって、神戸に行くから…
元部下でもある弟と、忘年会に呼ばれました。
本当なら、元部下達全員が集合するはずだったのですが
一人は北海道出張中、一人は手術入院の為参加できないので
今回は僕と弟が呼び出されました…
私自身、こんな身体になってはいますが
未だに内勤でもと声を掛けて頂ける事は
メカエンジニアとしては、とても嬉しく思います。
でも、明日も色々と忙しく帰って来ないとダメなので
僕は弟のハンドルキーパーです。


足の修理

待望の右足の部品が到着しました。

右足の修理通常なら装具をメーカーに送って

修理をしてもらうのが普通なのですが

一応メカエンジニアなので

部品だけ送って貰いました。

右足の修理 (1)このロックを外す部分の部品です。

イモネジの部分にクラックが入ってしまい

ロック解除操作が出来にくくなってました。



右足の修理 (2)構造は見れば直ぐ理解出来るので

分解も簡単です。

ある意味、特殊能力でしょうか?

まぁ、30年以上もメカを触っていれば

右足の修理 (3)こんな物は出来て当たり前なのかも知れません

幼い頃から、機械物を壊して来た実績が

見た目で直ぐに構造を理解してしまう様に

なったのかも知れませんね。

右足の修理 (4)はい、部品交換、修理完了です。

これで動き易くなりました。





通勤号の修理そして、通勤の足であるマフラーバンドも

溶接修理から戻って来ました。

緩衝材のゴムが無いので

取合えず、ホームセンターで適当な物を購入

通勤号の修理 (1)これで通勤号も復活

一っ走りガソリンを入れに行ってきたら

雪が降ってきたよ…もう…寒過ぎ

せっかく直したけど、寒いから乗らない。


M型モンキー、部品再メッキ準備

メッキ屋さんに出すと、どうしても幾つか部品が紛失してしまいます。

しかも無くなった時に限って

「えぇぇ!その部品がぁぁぁ」と言うパターンなので

M型モンキー再メッキ部品出す側としても対策をしないといけません。

ここで、分り易い様に各パート毎に

針金で一個づつ縛ります。

これで、余程の事が無い限り

無くなる事は防げます。

M型モンキー再メッキ部品 (1)ワイヤリングに飽きて来た時に

タイミング良く弟が来たので

強制労働させました。

長男で良かったと思う瞬間です。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) 修理 | 部品

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔