2011年10月15日

CB250N作業開始3

開店の時に頂いた観葉植物に
一週間に一度だけ水を与えているのですが
涼しくなり土の保水力が上がっているのでしょうか
何時もと同じぐらいの量を入れたら
溢れ出してしまって、お店の中は水浸しです…
今度から給水量を減らします。


CB250Nエンジン分解

今朝オーナーと電話でお話した結果、取合えずエンジンを開けてみよう

と言う事になり、早速作業開始です。

CB250N作業開始まずはオイルを抜くと…

明らかにオイルに混じったアルミ粉が

一緒に流れて出て来ます。

あー…

CB250N作業開始 (1)暫らく沈殿させて上澄みを捨てると…

なんぼラメ塗装しているからと言って

オイルまでラメラメですやんかぁ



CB250N作業開始 (2)フィルターを外す…ここにもアルミ粉

外したフィルターも相当古い感じです。





CB250N作業開始 (3)勿論出てくるオイルはアルミ混じりです…

もう何と言うか、ここまで酷いのも

自分の以外では久しく見ないですねぇ。



CB250N作業開始 (4)エンジンを下ろす事は決定ですが

問題は被害がどれだけなのかです。

取合えず、カバーを開けて

ヘッド周りのチェック

CB250N作業開始 (5)何気にカムチェーンを触ると

ズルズルと出て来ます…





CB250N作業開始 (6)あぁ…切れてる…

酷い…

バルブが曲がってなければ

良いのですが…

CB250N作業開始 (7)ロッカーアームを外してクランクを回すと

ピストンは素直に回りだしました。

バルブも外見は曲がって無さそうです。



CB250N作業開始 (8)いたる所にラメが溜まってます。

何処まで直せるのか…





CB250N作業開始 (9)ラメの原因はこれ

カムチェーンガイドが完全に磨耗して

金属部分が露出してます。

これ、部品なかったよなぁ…

CB250N作業開始 (10)テンショナーも酷い状態

さて、この部品どうするか…

もう、溜息しか出ません。



CB250N作業開始 (11)この先分解しても

部品が手に入らなければ

無駄に費用が掛かるだけなんで

もう一度オーナーと相談します。



peke_cb400f at 20:55│Comments(0)TrackBack(0) エンジン | 修理

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔