2011年09月27日

ユーザー車検3

古物商と言う職業柄、K察の保安係の人とは
ある程度のお付き合いがある訳ですが
最近多いトラブルが、某オークションで書類付きのバイクを
落札した後に、盗難届けが出されるケースが多いらしく
その場合、善意の第三者と言う訳にもいかず
高額で落札した車両はK察に没収されてしまい
勿論支払ったお金も戻って来ません。
こう言う新たな手口が流行っているらしいので
被害に遭わない様に注意しましょう。


ユーザー車検指南

自分で車検を受けてみたいけど、どうすれば良いのか分からない

車検指南と言う方もいると思います。

今回はそのユーザー車検指南です。

まず、車検を受ける為の点検は

お店で実施します。

車検指南 (1)事前の点検が終れば

場所は何時もの京都南検査場へ

ユーザー車検指南の為に付き添いなので

1号機は不動だし、通勤号です。

車検指南 (2)書類の書き方を横で教えて

本人に書いてもらいます。

ラインの通し方等を伝授してコースに並びます。

今日は9月の末と言う事もあり、多いですね。

車検指南 (3)はい!何時もの様に1発クリアー

新しい車検証とシールを貰って

これでまた、2年間楽しむ事が出来ます。

一度ご自分でユーザー車検を経験したい方

ご相談に応じます。

銀ちゃんの罠2ETCを付けに来た銀ちゃんですが

ちょっとバタバタしていたので

申し訳なかったです。

1号機を早く直すから、また走ろうぜ!


1号機、メタル計測

コンロッドがあんな事になっているので

1号機メタル計測1号機用予備コンロッドを探しました。

側面に印刷されている記号、番号は

コンロッドの重量や内径の記号なので

破損した物と同じ記号に合わせました。

1号機メタル計測 (1)今回は念の為メタルも交換するので

ついでにクランクシャフトの

磨耗状態を確認する為に計測しました。

計測した数値をPCに入力

1号機メタル計測 (2)2009年のデーターと比較すると…

クランクが磨耗しているので

メタルの番手が変わっていました。

当りが付いていると言っても

ぶん回すエンジンは、定期的に磨耗チェックをした方が良いですね。

コンロッドメタルは全種類出ますが、クランクメタルは出ないので

範囲を超えたクランクは廃棄処分になります。

CB400SF用フロントフォークシール入荷オイルシール関係は入荷して来ましたが

1号機のクランクが磨耗している事は

想定外だったので、改めて発注しました。

あぁそうそう、CB400SFの部品も

入荷して来ましたので、ご都合の良い日に来て下さい。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) メンテナンス | 修理

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔