2011年09月24日

エンジンブロー1

聞く所によると、ドイツでは馬力で乗り物の
税金が違うらしく、CB250Nドイツ仕様の
パワーが半分なのは、税金対策の為で
税金を沢山払える人の為にも
フルパワーバージョンも別にあるらしい。


お楽しみの結果発表

1号機のエンジンがどんな事になっているのかと

多くの方が楽しみにしていると思うので

他の作業より優先して、1号機のエンジンの状態をチェックする事に…

1号機エンジン破壊検証まずプラグからチェック

#2のプラグが真っ黒ですが

プラグは溶けて無いのですね。

全体的に白いので薄い感じもします。

前日にMJを#118から#115に交換したのがダメだったのか?…

1号機エンジン破壊検証 (1)圧縮を計ると、案の定#2が低い…

ん!圧縮がある!!

と言う事は、デトネで肩が溶けたぐらいかな

多分ピストンに穴は開いて無いだろうと

期待が膨らみます。

1号機エンジン破壊検証 (2)取合えずこの、オイルだらけの1号機を

洗浄してから、被害の少ない事に期待して

分解する事に…

でも、連休と言う事もあり

意外とご来店のお客さんが多いので、作業は中断気味でしたが

1号機エンジン破壊検証 (3)ヘッドカバーを捲って

バルブが曲がって無い事を

外観からチェックして

取合えず一安心

1号機エンジン破壊検証 (4)ヘッドは外して、燃焼室やバルブのチェック

問題無さそうです…

そして問題のピストンは!



1号機エンジン破壊検証 (6)あれ?溶けて無い…

ん??…

何だこれ???



1号機エンジン破壊検証 (7)あ”ーっ!!!

割れてるやんかいさあぁぁぁぁ…




1号機エンジン破壊検証 (8)取合えずスリーブを外してチェック

大丈夫そうです。





1号機エンジン破壊検証 (9)破片は?

上手くEXから出たのか??





1号機エンジン破壊検証 (10)ピストンを外してみて

改めて…ぞーっとしました。

ピストンピンの所までクラックが入ってます。



1号機エンジン破壊検証 (11)太陽に透かして見れば

遥か向こうが見えます。





1号機エンジン破壊検証 (12)バルブの漏れもチェックしましたが

問題無いので、上手くEXから外へ

排出された感じです。



1号機エンジン破壊検証 (13)コンロッドの小端部分に

少し無理が掛かった痕跡があります。

コンロッドが飛び出す寸前

後輪ロック寸前だった事が伺えます…

これは、マジでやばかった…

やっぱりコンロッドがNGなので、また全バラ決定です。


今日のご来客

後輩のこんち君、マジェのベルトを発注したままで放置されてたけど

スーパーカブウインカーリレー修理バッテリーが上がったらしくて

取合えず充電と、マジェのバッテリーを

カブで持って来たのは良いけど…

カブもバッテリーNGでウインカーも点かない

スーパーカブウインカーリレー修理 (1)調べると、リレーの接点にカーボンが溜りダメ

本当なら、交換だけど何とかなると思って

接点をシコシコと磨いて接点復活

でも、バッテリーがダメなので発注しました。

スーパーカブウインカーリレー修理 (2)マジェのバッテリーも充電中

不良在庫になる所だったベルトも

バッテリーが充電出来れば

交換しに来るそうです。

その他にも、アドレスのフロントブレーキパットの交換の方がご来店

アドレスブレーキパット交換ディスクローターが傷だらけだったので

パットを外すと案の定使い過ぎで

メタルタッチ状態でした。

前もってパットは準備してたので事無く交換

悲運のZ400GPひらつーを見てご来店のZ400GPの方

サイドカバーの立体エンブレムをお探し中

この車両も現存する物は少ない車両で

発売後直ぐに生産終了した物で

GPz400とは違います。

何方か立体エンブレムの良い物をお持ちじゃないですか?

peke_cb400f at 18:00│Comments(6)TrackBack(0) 修理 | エンジン

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by K林より   2011年09月24日 18:53
御無事で何よりです!事故に成らなくて良かったですネ!またまた、お金がかかってしまいますが、大事に乗ってあげて下さい。「1号機」もPekeさんと一緒に復活した同士ですから、、、
それから、ドイツの税金の件は勉強になりました。コチラでも、自動車で、ターボ付き車輌は排気量計算の時に1.4倍にされていたのを思い出しました。やはり馬力に対しての税制なのですね。金ばっか取りやがって、どの国も意地汚いです。でも、ドイツのCBのディチューンを、HONDAはどうやって設計(設定?)したのでしょうか?部品の違い?圧縮の違い?それともキャブの設定の違い?とても気に成りま〜す。
それでは、また。
2. Posted by ヒロ   2011年09月24日 19:06
溶けたピストンは見たことあるけど
・・・割れまっか

オイルまみれの後輪や、飛び出す手前のコンロッド
ほんま無事でヨカッタね

3. Posted by Kony   2011年09月24日 21:28
こんばんは。
大惨事にならずに良かったですね。。。(汗)
記事見てビックリでした
---------キ--リ--ト--リ------------
エンブレムの件、早速の聞き込み有り難う御座います
4. Posted by PeKe   2011年09月25日 10:33
5 > 御無事で何よりです!事故に成らなくて良かったですネ!またまた、お金がかかってしまいますが、大事に乗ってあげて下さい。「1号機」もPekeさんと一緒に復活した同士ですから、、、
> それから、ドイツの税金の件は勉強になりました。コチラでも、自動車で、ターボ付き車輌は排気量計算の時に1.4倍にされていたのを思い出しました。やはり馬力に対しての税制なのですね。金ばっか取りやがって、どの国も意地汚いです。でも、ドイツのCBのディチューンを、HONDAはどうやって設計(設定?)したのでしょうか?部品の違い?圧縮の違い?それともキャブの設定の違い?とても気に成りま〜す。
> それでは、また。

相変わらずご心配をお掛けしております…
1号機は僕の体の一部なので
ちゃんと直します。
直ったら、今度からは10.000rpmまでにしときます。
5. Posted by PeKe   2011年09月25日 10:35
5 > 溶けたピストンは見たことあるけど
> ・・・割れまっか
>
> オイルまみれの後輪や、飛び出す手前のコンロッド
> ほんま無事でヨカッタね

あんな所でエンジンからコンロッドが出たり
オイルで滑っていたら今頃…
まだ、死んだらあかん様ですね。
6. Posted by PeKe   2011年09月25日 10:37
5 > こんばんは。
> 大惨事にならずに良かったですね。。。(汗)
> 記事見てビックリでした
> ---------キ--リ--ト--リ------------
> エンブレムの件、早速の聞き込み有り難う御座います

Konyさん
初のご来店から、こんな状態で申し訳ない
今後とも宜しくお願いします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔