2011年09月05日

カスタムフォア車検準備3

我が地元では、台風の影響こそ少なかった物の
他の所では相当の被害が遭った様です。
雨の影響で、地盤も緩んで今週末にツーリングを
予定されているのであれば、ルート情報を整理して置きましょう。

所で、何故か日本の裏側ブラジルから
日本国内398用ピストンの引き合いが来ています。
ピンハイトなどの説明をして貰ってますが
圧縮が高くなる事を望んでいるのでしょうか?
以前イギリスからも引き合いが合ったのですが
それは流れてしまいましたけどね…
Custom Paranoiaもアメリカ、イギリス、オーストラリア、ブラジルと
コアで、グローバルなお客様が多い気がします。


カスタムフォア点検

国内408もそうでしたが、お店で預かっている車両のタイヤの空気圧が

カスタムフォア整備ほぼ規定値の半分程度になってます。

特に注意しないと行けないのが

チューブレスタイヤで、限界点まで来たら

突然ビードが落ちてしまいます。

最低でも、月に一度はチェックしましょう。

空気圧が低いと、タイヤの磨耗も激しく財布にも環境にも厳しくなります。

カスタムフォア整備 (1)例の如く、直キャブのFCRには

ラムエアーを装着です。





カスタムフォア整備 (2)バッテリーの充電も完了したので

取付けて、電装関係のチェックを行います。





カスタムフォア整備 (3)その前に、外観からチェックすると

マフラーがでかいのでNG

インナーを入れ替えないとダメです。

タンデムステップもありません。

カスタムフォア整備 (4)インナーは後日交換します。

取合えずタンデムステップを装着

こうしないと1人乗りになって

構造変更が必要になります。

カスタムフォア整備 (5)バッテリーを繫いで保安機器のチェック

リアブレーキに不具合発見です。

圧力スイッチがNGなので

ブレーキランプが点灯しません。

カスタムフォア整備 (6)取合えず配線をチェックした上で

スイッチを純正タイプの物に交換して

点灯確認をしてみたら

ブレーキランプがちゃんと点きました。

カスタムフォア整備 (8)バックステップの形状から

正規の位置にスイッチが取り付けられないので

バッテリーバンドに挟んで

フレームに縛り付けてみました。

カスタムフォア整備 (9)スプリングを引掛ける所も無いので

ワイヤーでペダルから直に引張る様に処置

取合えずこれでOKでしょう。

圧力スイッチを交換する様にお話します。

カスタムフォア整備 (7)ホーンが鳴らないので調整してみましたが

全然ダメです。

適当な物がないので、これも後日に



カスタムフォア整備 (10)この車両、実は初年度が平成20年なんで

初めての継続車検になります。

初年度が18年以降だっけか?

ヘッドライトは常時点灯なので

カスタムフォア整備 (11)ヘッドライトのON、OFFスイッチを

割り箸で固定…

丁度良い物が無かったんで…

でも余りにも露骨過ぎるなぁ…と思い

カスタムフォア整備 (12)マジックで黒く塗ってみましたw

ま、こんな感じでOKなんでねぇ

車検は金曜日の予約なので

それまでに、ホーンとマフラーを

何とかしないとダメなので、水曜日に準備してきます。

カスタムフォア整備 (13)その他も点検しましたが

リアのドリブンスプロケットが

そろそろ寿命な感じです。

これって何のなんだろう??

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) Custom Paranoia | メンテナンス

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔