2011年08月18日

国内408腰上O/H開始3

お盆休みも終り、世の中が動き出して来て
早速、隣の駐車場の件で不動産屋が来ました。
提示して来た賃貸料は、駐車場としてはお高い金額です。
土地が三角形なので、利用価値としてはそんなに…
地主の方は、近所でも評判のへそ曲がり…
多少の交渉余地はありそうなので
もう少し交渉してみます。


塗装とコンプレッサーメンテ

昨日はツーリングに行こうと言い出した猫くんが

お店にやって来るのが遅かったので、結局中止

猫くんのお仕事エージング塗装時間が余ったので、半強制的に

嫁の手に入れたミシン台の

エージング塗装をやって貰いました。

ほっとくと、中々やらないので

「嫁が何時になったらやるねんって、怒ってるで」と言ったら

サクサクとやりだしました。

コンプレッサー水抜き僕はその間、以前からやろうと思っていた

コンプレッサーの水抜き

思っていた以上に水が溜まっていたので

ビックリしながらドレンコックから水を抜きました。

もうコンプレッサー室は赤く錆びた水が飛び散ってえらい事に…

今度からはもっとマメに水抜きをします。


国内408腰上O/H開始

やり掛けの事は沢山あるのですが

今の所外注先から戻って来ていないので、国内408の作業に掛かります。

国内408着手前点検まずは着手前の状態をチェック

圧縮圧力を計測しました。

以外でしたが、4気筒とも状態は良く

平均して9〜10キロ程、圧縮圧力がありました。

国内408着手前点検 (1)エンジンオイルを抜くのに

少し暖めるついでに

念の為キャブの同調状態も確認です。



国内408着手前点検 (2)プラグを見た時に思ったので

ゲージを見て納得しました。

多少のバラつきはありますが

#4だけが全然ダメですね。

国内408着手前点検 (3)同調スクリューも#4だけ飛び出てます。

まぁ、誰が触ったのかは知ってますが…





国内408着手前点検 (4)国内408着手前点検 (5)







ガソリンホースにも穴が開いていて、コックをひねるとピューっと…

国内408着手前点検 (6)#1と#4のプラグが異常に黒い

多分「やったるわ」的なノリで

変に弄られていると思うので

キャブは徹底的にやらないとダメでしょうね

国内408作業着手このオイル漏れとキャブの不調さえ無ければ

エンジンの異音も無い、稀に見る良い状態の

国内408なのには間違いありません。



国内408作業着手 (1)暖まったエンジンからオイルを抜きます。

今回は腰上だけですが

念の為、オイルパンも外して

エンジン内の見える所や

オイルパンのスラッジの状態などもチェックします。

国内408作業着手 (2)未開封のヘッドカバーを開封しました。

カムは少々磨耗気味ですが

ジャーナルを含めてカジリも少なくて

良い状態のヘッドです。

国内408作業着手 (3)国内408作業着手 (4)







オイル漏れしているヘッドは比較的に簡単に取外せます。

シリンダーガスケットにはオイルの通り道が出来ています。

こうなったらもう、ヘッドガスケットの寿命です。

問題はオイル焼けと、オイルと混ざってこびり付いた泥の除去です。

国内408作業着手 (5)スリーブには若干の縦傷

圧縮圧力は十分あったにせよ

スリーブの内径を計測すると

使用限度の約0.25mmオーバー…

どうするか…0.5オーバーにするか…悩み所です。

国内408作業着手 (6)念の為ピストンを計測してみました。

やはり未開封ノーマル408ピストンです。

分解する前に計測で確認した

圧縮圧力があるので

取合えずは、このまま組立てる方向で行こうと思います。

peke_cb400f at 18:51│Comments(0)TrackBack(0) エンジン | キャブレター

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔