2011年08月17日

5ヶ月ぶりの定期診断3

足の具合も随分落ち着いて来たので
診察も本当は3ヶ月に一度の診察になったのですが
6月が忙しくて、2ヶ月ほど診察が伸びました。
お店もオープンしたのに
この先の治療はどうするのか…
現実的な所、これ以上の治療に
費やす時間が取れないのが正直な所です。
でも本音は、もう少し曲げたい、足を伸したいですが…
お店を始めた以上、ここからの治療は
中々色んな意味で難しいです。


大文字焼き

昨日、京都まで嫁と二人でラーメンを食べに行こうと言う事になり

大文字焼き久しぶりに二人で出掛けたのですが

遠くで、大の字が浮かび上がっているので

あぁ、今日だったのかと

久しぶりに五山の送り火を見ました。

何時もならもう夏も終りなんですけど、残暑が厳しいですねぇ…


足の診察

朝は別の病院で血液検査をしてから

久々に足の診察に行って来ました。

20110817の骨骨は凄く頑丈になってきている様です。

まぁ、痛みはまだ時々ありますが

問題はこの先の手術をどうするかです。



20110817の骨 (1)お店が安定してきて

従業員を雇える様にさえなれば

入院して足を伸ばして

もっと曲げれる様になるかもね。


1号機車検2011夏

予定通り本日病院が終ってから

何時もの京都南車検場へ行って来ました。

1号機車検まだお盆休みの車屋さんもあるのか

何時も以上にガラガラでした。

さっさと書類を作成して



1号機車検 (1)新しく新設された二輪兼用のラインへ並ぶと

午後からの部二番目です。

ラインの検査官の顔ぶれが変わっているし

二輪のラインが新設されたせいなのか

それとも暇なせいなのか、珍しくスケールで計測されました。

案の定、リアブレーキでもたつきましたが全て1発クリアー

ライトの光軸もOKでした。

1号機車検 (2)猫くんとツーリングに行こうと言う事になり

慌てて元の仕様に戻しましたが

何時もの如くモタモタする猫くんが

お店に来たのが16時で

結局何処にも行けませんでした。

DR250もFCRのセッティングがどうのこうのって言うので

DR250FCRの加速ポンプ加速ポンプがどれだけ邪魔をしているのか

体感させる為にポンプのロッドを外して

走ってこさせたら、中間でのボコツキが

無くなったと言っているので

セッティングの方向性が少し見えてきた気がします。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) 治療 | Custom Paranoia

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔