2011年03月16日

頑張れの意味

よく耳にする言葉「頑張れ」
僕は余りこの言葉を使いません
何故なら、頑張るのは本人なので
頑張れと言われても、何に対してなのか?
そんな事言われなくても頑張っているんだよ・・・って事
余計にプレッシャーと感じる人もいるかも知れません。
意外と無責任な言葉だと思います。

被災地では物資、食料、医者、薬など
様々な物が不足していると聞きます。
息子に「今、医者やったら行くんか?」と聞くと
「当然や」と言います。
ですが親としての本音は
なるべくなら危険な所には行って欲しくない
と言うのが本音です。
殉職された警察官の方々怪我をされた自衛官の方々
訓練を受けたプロでも、こう言う事になるので・・・
でも親の本音を出すと、医師としての志の妨げになりますよね・・・
複雑です。

災害弱者、始めて聞く言葉でした。
障害者にとっては全ての状況が厳しくなる事です。
健常者でも厳しいのに障害を抱えていると・・・
自分の事を思えば、逃げる事も難しい
避難した先の環境も厳しいと思います。
昨日の静岡での地震は
一瞬、東海地震もか!と思いました。
今、日本で安全な場所は無いのかも知れません。
明日は我が身ですね。

漏れた放射能も人体には影響が無いと言いますが
自然界で浴びる以外の
放射線を浴びてしまう訳ですから
冷静な対応をと言われますが
やはり抵抗はありますよねぇ・・・
まぁ僕は既に、一生分以上の放射線を浴びてます。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔