2011年01月18日

オールドタイムフォア完成!4

ご好評頂いてます、シフトスピンドルのオイルシールホルダー
早くも残り10個となりました。
アゲインにも2個置いてありますので
ご入用の方は、アゲインにもお問い合わせ下さい。


オールドタイムフォア

12月の間は酒ばっかり飲んでいたので殆ど作業をしておらず

年を越してしまいましたが、本日やっと完成しました。

オールドタイムフォアキャブ組立てまずは今日の作業から

キャブのボディを洗浄

外側を洗っただけでこんなにも

真っ黒い液体が・・・

オールドタイムフォアキャブ組立て (1)キャブをバラバラにして一つづつ

綺麗に仕上て行きます。





オールドタイムフォアキャブ組立て (2)フロート類等の細かい部品も

キャブクリーナーで漬け置き洗いです。





オールドタイムフォアキャブ組立て (3)JNとNHです。

左が新品、右は若干磨耗しているようですが

まだまだ十分使えそうな感じです。



オールドタイムフォアキャブ組立て (4)このキャブは、一度O/Hした痕跡があり

#4のボディにフエルトのパッキンが

不在でした・・・

予備部品から良い状態の物を入れておきました。

オールドタイムフォアキャブ組立て (5)インナーパーツは全て新品に交換







オールドタイムフォアキャブ組立て (6)プラグが真っ黒だったのは

フロートレベルが全体的に濃かった様です。

今回はしっかりと合わせておきました。



オールドタイムフォアキャブ組立て (7)はい、完成です・・・

ホース類を新品にすれば良かったと

この時思いました。

まぁ、また次の時にでも・・・

オールドタイムフォアキャブ組立て (8)車体に取付けて同調を合わせます。

少し手こずりましたが

バッチリ合って良い感じになってます。



オールドタイムフォア試運転で、早速試運転に

何時もの所で記念撮影

寒いので、ショートコースを走ります。



オールドタイムフォア試運転 (1)屈辱の3.000rpmでの走行

車に邪魔者扱いされながら

この時期は20キロが限界です。

明日以降も出来る限り走ってチェックします。

今回のエンジン、キャブのO/Hはやり過ぎないO/H

ヤレ感を残したO/Hがコンセプトだったので

意外と手間が掛かったのは事実です。

正直、ビカビカ仕上の方が気を使わずに楽に出来たと思いますが。

出来上がってみると、それなりに味のある仕上りになったと思います。

オールドタイムフォアOSH装着そうそう、ついでにここが

綺麗な内に

タイミング良く出来上がって来た



オールドタイムフォアOSH装着 (1)オイルシールホルダーを

強制的に装着しときました。

シフトフィーリングが向上するのが

よく分ります。

問い合わせが多いので、Yオクにも出品してみました。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) レストア | キャブレター

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔