2010年10月26日

イベント準備4

何時もの感じで半袖で作業して
そのまま試運転に行ったら、無茶苦茶寒かった
周りの人からも冷たい視線が・・・
半袖姿は僕だけでした。
もう秋も終盤なんですかねぇ
全然季節感が無かった。

今日の万歩計:3827歩


オイル交換

京都から、僕の予定に合わせて来て下さった方の

京都398オイル交換フォアのオイル交換です。

2.000キロ毎若しくは定期的にマメに

オイル交換をされています。


京都398オイル交換 (1)オイルフィルターも毎回交換

これだけ大事にされると

扱っていても気持ちが良いですね。


京都398オイル交換 (2)その他に、ポイント調整やカバー交換

などをやって、リフレッシュ

クラッチレバーのボルトの不具合が

見つかって良かったですね。


メッキカバー

クラッチカバーメッキ剥しまぁ、意外と簡単にメッキを剥す事が出来て

ノックピンもちゃんと入る様になりました。

明日取付けに行ってきます。

他に問題が無ければ、火が入るかな??・・・


2号機オイル漏れ修正と部品交換

とあるイベントに行く予定で、2号機をリフレッシュ

週末の天気が恨めしい感じですが、準備は整えないと!

2号機部品交換オイル漏れ修正まずプラグキャップの交換

大きく張り出して不細工なのと色

キャップ自体も古く硬化していたので

クラックが入っていました。

2号機部品交換オイル漏れ修正 (1)こっちの方が純正風でスッキリです。

プラグキャップも消耗品なので

定期的に交換をお勧めします。


2号機部品交換オイル漏れ修正 (2)398らしくないホーンの向きが

ずっと気に入らなかったので

何時かはちゃんとした向きにと思いながら・・・

ステーも探し出して

2号機部品交換オイル漏れ修正 (3)ホーンが398らしい向きになりました。

ホーンステーの穴も加工して

2箇所で止めてあります。


2号機部品交換オイル漏れ修正 (4)ついでに点きっ放しの速度警告灯

ケーブルも硬化していない状態の良い

ウォーニングユニットに交換しました。

点灯確認の試運転をやりましたが

ノーマルフォアって、中々80キロは出ないんですね・・・

ブレーキも効かんし・・・

2号機部品交換オイル漏れ修正 (5)オイル漏れの箇所もチェックする為に

スプロケカバーを外しました。

シフトシャフトのシール部分からの

オイル漏れかと思っていたのですが

オイルポンプからのオイル漏れでした。

2号機部品交換オイル漏れ修正 (6)オイルポンプのOリングは

売るほどあるので(売ってますけどね)

急遽オイルポンプのO/Hです。

車体を反対側に傾けて

2号機部品交換オイル漏れ修正 (7)多少のオイルはこぼれますが

車体が真直ぐだと

もっとえらい事になります。


2号機部品交換オイル漏れ修正 (8)2号機部品交換オイル漏れ修正 (9)






分解と洗浄は手馴れたモンです。

2号機部品交換オイル漏れ修正 (10)ケーブルクランプも付いてなかったので

ついでに取付けて完了です。

シフトシャフトのシール抜け止めは

現在試作品を製作中です。

peke_cb400f at 19:32│Comments(0)TrackBack(0) メンテナンス 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔