2010年07月30日

1号機と2号機4

ラックピニオン式クラッチの続報ですが
今の所、8月後半には試作品が出来上がる予定
試作品が出来上がれば、実車テストを行います。
ほんとに僕自身、完成が楽しみです。

今日の万歩計:1.298歩


1号機でテスト走行

早朝から1号機のテスト走行を兼ねてタイヤの皮剥きに行って来ました。

リアタイヤ皮剥きまだ取回しに自信がないので

STOP&GOの少ないルートを走ろうと

ルートを考えましたが

結局の所、高速道路しかないので

第二京阪道、交野から入り美原北まで・・・

行く当てが無いのでアゲインへ、往復約90キロ無事走行してきました。

右足の痛みを耐える為に、アドレナリンを右足に集中させてたので

コーナーが恐怖心からか、全然曲がれません・・・

でも、右足のリハビリにはバイクに乗るのが丁度良い感じです。


2号機組立て

物凄くスローペースで2号機を仕上ています。

2号機腰上組立て乗っていないので

テンショナーの固着も無く

ピストンリングだけ交換して

ピストンを組付けました。

2号機腰上組立て (1)エアコンでガンガンにガレージを冷却して

サクサクっとヘッドまで一気に組立てました。

これでも普段よりペースは遅いです。


2号機腰上組立て (2)さて、今回はカムをヨシムラのst1にします。

置いてても全然使わないので

せっかくだし、2号機に付けてみる事に


2号機腰上組立て (3)まぁ、付けても乗らない事には

変わりはないんだけど・・・

2号機はノーマルコンセプトのはずなのに

ま、まぁこれぐらいは良いかな・・・

2号機腰上組立て (4)ガバナも全然点検して無かったので

ダイナSを外してみたら・・・

進角した状態で、激しく固着してました。

CRCかけたり色々やったけど

全くダメだったので、結局別のガバナに交換ですわぁ。

皆のは、ダイジョウブかなぁ〜うひひ・・・

2号機腰上組立て (5)長期放置なのでバッテリーも上がり気味

何とかエンジンを掛けて

点火時期を調整して、オイル漏れのチェック

タイヤのエアーもチェック・・・OK

2号機腰上組立て (6)バッテリー液を補充して

現在パルス充電中

これで何時でも乗れる状態ですが・・・

きっとまた、暫らく放置状態になるんでしょうね



peke_cb400f at 18:00│Comments(2)TrackBack(0) メンテナンス | 修理

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぽろん   2010年07月30日 19:58
5 こんばんは。
今日確認してみたところ、配線ミスやプラグキャップ差し間違えは無かったです。
で、何気にポイントの青色と黄色の配線を逆に付け替えてみたところ、エンジンがかかりました?
ホンダのミスなんですかね?
色通りにさしたら絶対にエンジンはかからないんです。


エンジンはかかったんですが、1.4が火が飛んだり飛ばなかったりです。
ほぼ二発状態です。
これはRイグニッションコイルの故障ですよね?
2. Posted by PeKe   2010年07月30日 22:53
5 > こんばんは。
> 今日確認してみたところ、配線ミスやプラグキャップ差し間違えは無かったです。
> で、何気にポイントの青色と黄色の配線を逆に付け替えてみたところ、エンジンがかかりました?
> ホンダのミスなんですかね?

ホンダのミスは極めて薄いと思います。

メインハーネスの青、黄色線は言わば
ただの延長線、中継線の様な物です。
黄色は何処まででも黄色、青も何処まででも青です。
極端な事を言えば、ポイントからイグニッションまでの線の色は
1.4、2.3さえ合っていれば何でも良いんです…

> 色通りにさしたら絶対にエンジンはかからないんです。

ガバナのカム山の向きを確認しましたか?

> エンジンはかかったんですが、1.4が火が飛んだり飛ばなかったりです。
> ほぼ二発状態です。
> これはRイグニッションコイルの故障ですよね?

まず、ポイントの接点の状態を確認する事です。
汚れ、カーボン、溶着などをペーパーで除去して
隙間を調整して脱脂した後に
タイミングライトで点火時期を調整してから
判断した方が良いかも知れません。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔