2010年06月04日

パワーチェック!3

【お知らせ】
強化オイルポンプは現在品切れで
ご迷惑をお掛けしております。
6/15日には工場から加工が上がってきますので
暫らくお待ち下さい。
入院中に在庫が無くなるといけないので
次のロッドも、慌てて製作に掛かろうと思っています。


久々のパワーチェック

前にパワーチェックしたのは確か去年の

アゲイン海鮮丼ツーリングの前でした。

その後、エンジン保護の為、圧縮圧力を下げたので

パワーチェックをしても精神衛生上良くないので、やっていませんでした。

今回1mmメタルガスケットに戻し、ピストンリングも交換したので

1号機パワーチェック (2)久しぶりにチェックする事に・・・

砂型ヘッドでポート加工ナシなので

希望値57psです。

エンジン仕様は前回と比べ特に変更は無く

しいて言うなら軽量クランクとレデューサーぐらいです。

1号機パワーチェック (5)結果はご覧の通り・・・

最高55psで前回より2.3psほどUPですが

タイヤが減ってスリップしているので・・・

トルクも前回4.0から4.3にUPです。

1号機パワーチェック (4)前回のデーターと重ねるとこうなります。

トルクが最初から最後まで

しっかり出ているのが分ります。

結果的にパワーはUPしていましたが

軽量クランはこんなにパワーに影響しないと思うので

レデューサーを付けた事で、パワーもトルクもUPしたと言う事かな。

60psを越える為には、やっぱり金型ヘッドでポート研磨でしょうなぁ・・・


ADタンクキャップ

ADのタンクキャップを付けたまま、タンクの錆取りをやったので

レンズに水滴が入ってしまい、曇った状態になって

暫らく乾燥していたのですが、一向にレンズ内の曇りが取れず

ご自分で分解清掃したそうなんですが・・・

ADタンクキャップ復旧中のゲージのスプリングを上手く

復旧できなかったらしくて

タンクキャップを送って来られました。

当時の物なのでレンズも劣化しており

扱いは慎重にしないと、えらい事になります。

ADタンクキャップ復旧 (1)取合えず、中の構造を見て

スプリングがどの様になれば良いのか

しっかりと見極めてから復旧に掛かりました。

写真では簡単そうに見えますが・・・

ADタンクキャップ復旧 (2)試行錯誤しながらスプリングは元の状態に

しかし、本体のプラスチックが劣化しており

タッピングビスのネジ山がズルズルになって

スプリングに飛ばされてしまいます・・・

ADタンクキャップ復旧 (3)仕方なく、ズル剥けた部分に補修材を入れ

硬化後に再チャレンジしましたが

結果はスプリングの勝ちで

どうする事も出来ないので、仕方なく

ADタンクキャップ復旧 (4)ホームセンターで手頃な長さで

ネジピッチの違うタッピングを購入して

再度挑戦してみました。

レンズが割れると怖いのでビビリながら・・・

ADタンクキャップ復旧 (5)そして、無事に復旧しました。

良かった良かった・・・

今売りに出されているADキャップのレプリカは

これをほぼ完全コピーしており

色々使えるパーツが結構多くて

文字盤があれば、綺麗なADキャップになったりするのですが

悪い事を考えたらいけないよ!

peke_cb400f at 18:00│Comments(2)TrackBack(0) メンテナンス | 部品

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぷっちゅん@ウエットブラスト   2010年06月04日 18:36
 馬力アップより、10キロ減量から始めた方が

良いと思うのは、私だけ?・・・・・
2. Posted by PeKe   2010年06月05日 18:21
5 >  馬力アップより、10キロ減量から始めた方が
>
> 良いと思うのは、私だけ?・・・・・

いや…
パワーウエイトレシオ的に
10キロ減の方が一番良いし、安いです…

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔