2010年04月30日

5/1まで営業中?4

今朝、玄関に下りてみたら沢山の木箱が置いてあった。
嫁の趣味良く見ると全てワインの木箱!!
お!これはひょっとしてと
凄く期待しながら聞いてみたら
最近はこう言う木箱をリメイクするのが
流行っているらしい・・・
まぁ、良く考えれば
こんなに大量のワインなんて
買ってくるはずは無いですわなぁ・・・


カスタムフォア部品整備その2

今日は別の408エンジンを仕上げようと思って

408を組立て…やる気十分にガレージへ下りて

バレル研磨の終ったヘッドの梱包を外したら

あ・・・バルブの摺り合せに出すのを

すっかり忘れてた・・・

と、言う訳で408は、また今度になりました。

気分を切り替えて、カスタムフォアの部品整備を開始です。

カスタムフォア部品整備その2昨日分解したオイルポンプを洗浄して

ローターの良い物をチョイス

中古良品の圧力スイッチと

サブハーネスとOリングを揃えて組立てです。

カスタムフォア部品整備その2 (1)まぁ、この辺は手馴れた物で

サクサクっと組立て完了です。

お次は・・・


カスタムフォア部品整備その2 (2)完全に固着したテンショナーアームの手入

チェーンが擦れてバリが立っているので

全く動かない、ネチネチとリューターで

バリを削って仕上ました。

カスタムフォア部品整備その2 (3)1stギヤーのブッシュも交換です。

これでほぼ部品の整備は終りました。

後はシリンダーやヘッド、アッパーケースが

仕上がって来るのを待つばかりです。

そんな事をやっていたら、V-rod氏が遊びに来てくれました。

V-rod氏今回は前回と違い、普通の登場でした。

色々と楽しいお話をしてたのですが

何でも、フォアとXJに乗った漁師2人に

コーナーで置いて行かれるのが

悔しいらしくて、サスのセッティングを考えているそうです。

悔しい気持ちは僕も分りますけど、あの漁師2人には逆らいませんw


398のダメ出し走行

O/H後の累積走行が約80キロだったので

もう20キロ程走れば、5.000rpmまで回転を上げれるので

少し時間もあったので走る事に・・・

20キロ走行して5.000まで回転を上げて走って見た所

何だか、ステアリングが変?・・・てか、4.000で走っていた時も

違和感はあったのですが、ステダンが付いていたので

あんまり気にしていなかったんだけど

速度が上がると、これはあかんわぁ・・・と言う事で帰宅して

トップブリッジを緩めてチェック

398ステアリング調整やっぱり、このステアリングヘッドの

ナットが緩んでいました。

しかもかなり・・・

普通では中々緩まない場所なんですが

398ステアリング調整 (1)軽く半回転回りました。

この辺りの締め加減は

中々微妙なとこなので、一応僕好みにセット

もう一度試運転してみたら

ハンドリングがすっかり良くなりました。

結局今日の走行距離は約35キロになりました。

結構面白みのあるフォアに仕上がった感じです。

早く全開で走ってみたいですね。



peke_cb400f at 18:00│Comments(2)TrackBack(0) メンテナンス | 部品

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by オーナー   2010年04月30日 19:12
>速度が上がると、これはあかんわぁ・・・
>ステアリングヘッドのナットが緩んでいました。

まぢでぇ?・・・
キャブのフルOH後は、浜名湖で6速8000rpm。
日生でも8000rpm。
こないだ預けに行きしなの第二京阪では7000rpm。
結構な速度で飛ばしてたけど・・・(^_^;)

接地感が薄いなぁ〜とは思ってたけど、そんな恐ろしいことに陥ってたんですネ

2. Posted by PeKe   2010年04月30日 20:36
> >速度が上がると、これはあかんわぁ・・・
> >ステアリングヘッドのナットが緩んでいました。
>
> まぢでぇ?・・・
> キャブのフルOH後は、浜名湖で6速8000rpm。
> 日生でも8000rpm。
> こないだ預けに行きしなの第二京阪では7000rpm。
> 結構な速度で飛ばしてたけど・・・(^_^;)
>
> 接地感が薄いなぁ〜とは思ってたけど、そんな恐ろしいことに陥ってたんですネ

乗り始めからこんなもんだと思って乗っていれば
違和感は無いと思います。
僕の場合、リアブレーキを併用して使えないので
ハンドリングの違和感がすぐに分ったんだと思います。
それでも、この状態で高速走行していると
かなりヤバイと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔