2010年04月26日

398専用ピストン3

ちょっとした事ですが、少しめんどくさい事になっています。
余りと言うか、全く書けないのですが
色んな人がいるんだなぁと、改めて思いました。
意外と最近僕は、真面目に生きているんですけどね。


398シリンダー

398専用ピストンの1mmオーバーサイズに仕様変更された

シリンダーが仕上がってきたので、取りに行って来ました。

3981mmオーバーサイズやっぱり、暇だったみたいで

何時もの半分の納期でした。

明日から398を組立て開始です。


カムカムも随分減っていたので

交換する事になったので

ゴソゴソと中古のカムを引張りだして

見たけど・・・どれも状態が良くない。

カム (1)カム (2)






開けてないエンジンもチェックしてみたけどこれもダメ。

カム (3)これもだめだぁ

んー困ったなぁと、棚を見ると




カム (4)あ、あった!

避けて保管してるので

多分状態の良い物だと思います。

今週中には仕上がる予定です。


カスタムフォア/エンジン修正

丁度タイミング良く398のシリンダーが出来上がってきたので

カスタムフォアのエンジンも内燃機屋行きになりました。

カスタムフォアエンジン修正ロアケース、シリンダー、ヘッドは

ウエットブラストで仕上ました。

アッパーケースはテンショナーのボルト穴の

修正が終ってから考えます。

シリンダーは54.5にボーリング、ヘッドはバルブの摺り合せと

数箇所ネジ山も上がっているので修正です。

カスタムフォアエンジン修正 (1)そうそう、謎のフィン加工跡も

溶接で肉盛りしてフィンを作ります。




カスタムフォアエンジン修正 (2)仕上がるとこんな感じです。

テンショナーのボルト修正も

M8のヘリサートが入っているので

真鋳を打ち込んで加工する事になり

余計に修正費用が掛かってしまう事になりました。

応急的なやっつけ仕事の代償は、意外と高くなってしまいます。



peke_cb400f at 20:30│Comments(0)TrackBack(0) エンジン | 修理

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔