2010年04月22日

ピストンの穴・・・3

我家のトイプー「レオ」君が、今月末に
人工じん帯の手術をする事になりました。
ギブスで2週間固定しても治らなかった様です。
手術費用がビックリの、約25万円だそうです。
以前は犬の保険にも加入していたのですが
それでも、半額程度だそうです。
僕の足と比較すると、実費で手術が一回100万〜200万です。
んー微妙・・・


カスタムフォアのエンジン

最悪を予想しながら、少しでも良い事を祈りつつ

カスタムフォアのエンジンを分解しました。

カスタムフォアエンジンヘッドカバーをめくると

アゲイン(廃盤)&ウエダのst2ハイカムが

うぅ・・・#3のEX側にかじりがあります。

嫌な予感・・・

バルブスプリングはメガサイクルのようです。

カムチェーンはノーマルですねぇ、ノビノビでした。

ひょうたん型の強化カムチェーンD.I.D製は

僕の所でしか作ってもらってないはずなので、ノーマルだと思います。

カスタムフォアエンジン (1)エンジンとは関係ないけど

このステーの取付けが間違ってます。

組立てる時には修正します。


カスタムフォアエンジン (2)ヘッドをめくって気になる#3の燃焼室

どうやら何かを吸い込んだのではなく

デトネでピストンが溶けて

アルミがへばりついている様です。

バルブが曲がってなければ良いのですが。

カスタムフォアエンジン (3)ピストンは予想通り、ぽっかりと穴が・・・

スリーブは大丈夫なのでしょうか




カスタムフォアエンジン (4)スリーブもNGでした。

スリーブは交換してボーリングすれば

何とでもなるし、ピストンも中古なら

ヨシムラピストンはあるので、何とか・・・

カスタムフォアエンジン (5)と、思っていたら・・・POP.Y・・・

廃盤のφ54ピストンでした。

今販売されているヨシムラピストンφ54.5は

このピストンの補修用なんですよね。

残す所の気になる所は、コンロッドの曲がりやクランクの磨耗など

少なくともメタルにダメージはあると思います。

カスタム車両に安心して乗る為には、全バラは確定です。


398シリンダー

内燃機屋へ持って行く前に、オイル漏れで焼き付いたオイルを

398シリンダー内燃機屋行きウエットブラストで綺麗に除去します。

焼き付いたオイル染みは

普通では中々取れないので

ウエットで処理します。

398シリンダー内燃機屋行き (1)綺麗になったところで

内燃機屋へ持って行きます。

先週は暇そうだったので

早ければ今週中には仕上がって来るかも。

peke_cb400f at 18:00│Comments(2)TrackBack(0) 修理 | エンジン

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by センター長   2010年04月22日 20:15
人妻熟女を脱がす“エロ楽しい”プレーしてますねぇ〜
参加したいです。笑
2. Posted by PeKe   2010年04月23日 14:47
5 > 人妻熟女を脱がす“エロ楽しい”プレーしてますねぇ〜
> 参加したいです。笑

どーれ、何処を直して欲しいのかなぁ…ハァハァ
こーんな所に穴を開けて、イヤらしい奴だなぁ…ハァハァ
ほーら、いっぱいオイルが溢れてるじゃないか…ハァハァ

って感じで楽しんでますw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔