2010年04月20日

デジカメ購入・・・3

時々しかまともに写真が撮れないので、イラっとして
デジカメを買いに行って来ました・・・
新旧デジカメLUMIXの耐衝撃、耐水性の優れた
デジカメを購入しました・・・
4万弱のカメラを3.5万まで交渉して
オマケにカバーも付けてもらいました。
痛い出費ですが、デジカメが無いと
色々と支障があるので仕方ありません。
古いデジカメと言っても3年前に買った物です。
新旧デジカメ (1)この通り、テープで補修しながら使ってました。
もう良いよ・・・お疲れさん







398エンジン腰上O/H

散々遊んだので、今週から真面目に仕事します。

シリンダーからのオイル漏れ修理依頼です。

フルオーバーホールで購入した車両ですが

ヘッドからオイル漏れがあるのでヘッドガスケット(メタル)

ベースパッキン、オイルラインのシールなどを交換して

使える部分は使う手法で、費用を抑える作戦です。

納期はゆっくり目の今月末を予定した398ccフォアです。

腰上OH分解前に念の為圧縮圧力をチェック

んー・・・#1.#3.#4が頑張っても8kしか・・・

これはピストンリングかバルブかも


腰上OH (1)#2はもっと悪くて7kしか出ません・・・

意外と重症かも知れません

取合えず分解しながらチェックです。


腰上OH (2)オイルパイプホルダーのゴムは弾力もあり

このまま行けそうです。

スリッパーやガイドも問題なし


腰上OH (3)カムに少し問題があります。

随分磨耗してますし少しかじりがありますが

ノーマル398エンジンだし・・・要相談


腰上OH (4)オイルラインのシールは純正品の様で

まだ生きてますが、ここは絶対交換ですね

ここを社外品の物を使うと余り良くないです。

ン?あ!・・・ピストンが408タイプです・・・

上死点まで上げても凄く低い・・・これが圧縮圧力が低かった原因ですね。

腰上OH (5)ピストンリングもオーナーの希望で

そのまま使う予定でしたが

このままだと、上は全然パワーが足りないはず

オーナーは398ピストンを持っていないのか

電話で確認・・・持ってないとの事「通りで上のパンチ力が無かった」と

言っていましたが、何でワザワザ408タイプのピストンに??

オーバーサイズかと思って計測しましたがSTDサイズでした。

オーナーと打合せして、この際なので398専用1mmオーバーサイズを

腰上OH (6)入れる事になりました。

なのでシリンダーは内燃機屋行きに

バルブは問題ないのでそのままです。


腰上OH (7)実際にエンジンは開けてみないと

何があるか分りません・・・

本当なら今週中に仕上がる予定でしたが

因みに、398エンジンに408タイプのピストンを

純正であろうが、リプロのオーバーサイズであろうが

入れてしまった可愛そうなエンジン達は、ヘッドを面研していない限り

どう頑張っても圧縮圧力は9k以下です。

走る、動くだけの面白みの無いエンジンになってしまいます。

ヘッドの面研もこれまた、ろくな事はないのでお勧めしません。

アゲインに置いてあった398にも

社外品1.5mmオーバーサイズが入っていて

余りのパワーの無さに、すぐ前オーナーに手放された可哀相なフォアに

398Pピストン使用車両僕の398専用ピストンを入れたら

圧縮圧力が11kまで上がり

パワーも取戻せた車両があります。

身に覚えのある車両は

一度、圧縮圧力を測って見た方が良いですね

残念ですが、確実にパワーダウンしてます。

peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) 修理 | エンジン

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔