2010年02月20日

クロスミッション組立て4

昨日辺りから上手く歯車が噛み合った様に物事が進み出して
全てが上手く進む様な感じがする。
上手い具合に天気も良く、CB750も今日オーナーのもとへ
エンジンが掛かりにくかったので、少し慌てましたが
パイロットのセッティングを再調整して
無事お帰りになりました。
明日はガレージも広くなるので、1号機を本格的に組立てます。


クロスミッション組立て

大幅に完成が遅れたのですが、キックギヤーも同時に仕上がったので

タイミング的には良かったと思います。

クロスミッション組立てまず、キックギヤーの組替えからです。

右が新しいキックギヤーです。

比べれば分るように大きくなってます。

キックが必要ない方は

このシャフトごと、取っ払えば良い訳です。

クロスミッション組立て (1)ギヤーが大きくなる分

ケースとのクリアランスが無くなり

ほんの僅かですが干渉するので

この部分を削ります。

クロスミッション組立て (2)干渉の有無を確認する為に

仮組みして確認します。




クロスミッション組立て (3)次はメインシャフトの組替えます。

下側が組替える新しい物で、メインシャフトと

メインシャフトのセカンドギヤーです。


クロスミッション組立て (4)左がクロスのセカンドギヤーで

少し大きくなっています。




クロスミッション組立て (5)メインシャフトに付いているギヤーが

ファーストギヤーになるので

シャフトごと交換になる為

全部バラバラにします。

クロスミッション組立て (6)右側が新しい方で、大きくなっているのが

分ると思います。

シャフトのメクラ栓が不要な仕様にしてあるので

中空っぽく仕上がってます。

クロスミッション組立て (7)組替え完了です。

サークリップを外すのが手間なので

組み間違えの無い様に確認しながら

交換して下さい。

クロスミッション組立て (8)続いてカウンターシャフト側のギヤーです。

左がクロスのファーストギヤーです。

カウンター側は逆に小さくなっています。

ブッシュ式からニードルベアリングに変更され

フリクションロスを軽減された、今風の作りになりました。

クロスミッション組立て (9)右がカウンターシャフト側の

クロスサードギヤーです。

これも少し小さくなってます。


クロスミッション組立て (10)カウンターシャフトも全部分解します。

向きや部品の順番を

間違えない様にしないと勘違いしそうです・・・


クロスミッション組立て (11)圧入されているベアリングも抜くので

カラーのOリングも交換ですが

これも部品がないので同等品を使います。

これがカウンターシャフトとコンプの

セカンドギヤーになります、左がクロスギヤーです。

クロスミッション組立て (12)組替えた配置はこの様になります。

パーツリストを見ながら

間違えないように気を付けて下さい。


クロスミッション組立て (13)アッパーケースに収納して

動きを確認して、誤組のない事を

チェックして、問題が無ければOKですね。

早く動かしたいですね。



peke_cb400f at 18:33│Comments(0)TrackBack(0) 企画物 | カスタム

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔