2010年02月05日

幸か不幸か3

冷蔵庫のリコール問題で某大手電機メーカーの人が
冷蔵庫リコール中部品を交換しにやって来た。
僕は嫁に爐笋ら瓩魘要されるのが
嫌だったので自室に篭って
交換作業が終るまで書類を作っていました。
30分程度で作業も終り
嫁も満足そうだったので
取り外した部品を見ると
パッキン類も交換してあったw
技術者やメーカ側にしてみればパッキン類は消耗品と言う物ですが
ユーザー側にしてみればリコール対象だったのかも知れませんね・・・
きっと他のお客から苦情でもあったのかも知れません。
これでまた、10年は使うそうです。


オイル漏れ調査

この前入庫した車両のオイル漏れ調査を行いました。

ここまでの経緯は色々あるので割愛しますが・・・

オイル漏れ調査オイルの漏れている箇所は

ACGローターの奥

つまりクランクシャフト付近から

オイルが漏れている様ですが・・・

このままでは場所が特定出来ないので

油圧装置のオイル漏れ箇所を特定するのによく使用する現像液を

オイル漏れ調査 (1)吹き付けると・・・

オイルで濡れている所だけ

白くならないので

漏れている箇所が特定できます。

オイル漏れ調査 (2)オイルシールのクランクシャフト部からの

オイル漏れと思っていましたが

どうやらシールの外周、ロアケースからの

オイル漏れの様です。

シール部をよく見ると・・・

ロアケースにはシールとの隙間が見られます。

オイル漏れ調査 (3)オイル漏れの原因は

この隙間なのかも知れません。

果たして、エンジンを下ろして

シールを交換して直る物なのか・・・

あるケミカルメーカーから出ているリークリペア剤を

一度試してみようと思っています。


純正キャブ3基目仕上げ

不足していた部品はとっくに入荷してたんだけど

純正キャブ仕上げキャブのO/Hは精神的に

落ち着いている時にやりたいので

放置してました・・・

組立てて行くと#2にSJが入りません??

純正キャブ仕上げ (1)おかしいなぁと思い穴を覗くと・・・

本体の奥にSJの先端が折れて残っていました。

うわぁ・・・ここまでの苦労が台無しなるぅぅ・・・

格闘する事1時間

純正キャブ仕上げ (2)無事に折れて残っていた先端を除去

何とか無事に組上げる事が出来ました。

この時点で物凄く疲れたので、本日は終了。



peke_cb400f at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) 修理 | レストア

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔