2017年12月14日

赤血病1

やっと昨日はゆっくりと寝て過ごす事が出来て
体調も多少は良くなったと勝手に思い込んでますが
昨日の血液検査の結果で
僕のガラスのハートにヒビが入りました・・・


2017年最後の血液検査

昨日は今年最後の血液検査に挑んできました!

171213今年最後の血液検査 (1)何時もより摂生した生活を送ったつもりで

血液検査に挑んだ所、看護師さんに

「血液がドロドロやわ」と言われた・・・

水分は最低でも一日2ℓは補給しているのに・・・?

171213今年最後の血液検査 (2)で、結果は全敗の敗北と言う結果で

尿酸値はあと少しですが、コレステロールや

Ac1も横這い状態、当然体重も横這い状態で

前から気になっていた赤血球が多い事を

担当のDr.に聞くと「あぁこれ赤血病やで」と・・・赤血病?

白血病は聞いた事があるので、それから想像するとやばい?と思い

詳しく聞くと、赤血球が多いと言う事で治療方法は血を抜けばいいと言う

ヘぇー、それで僕は血の気が多く、直ぐにトラブルになるんだとその場ではそう思った。

で帰ってから色々と調べたら・・・直らない病気で、何かとリスクが高く

結果血液の癌だった・・・

白血病:遺伝子変異により白血球の数が異常に多くなる血液疾患に対して

赤血病:遺伝子変異により赤血球の数が異常に多くなる血液疾患

と言う事らしいが・・・同じやん!・・・遺伝子レベルの病気やん・・・

まぁ今直ぐどうこうって事は無いらしいけど

何だかあっさりと癌の告知をされた気分です。


色々と復活

まぁ赤血病だったりですが、この二日間の間に色々と復活もありました。

ロレックス修理完了購入してから20年以上使っている

ロレックスも修理から戻って来ました。

8万円以上の修理代が掛かりましたが

今の本体価格は100万ぐらいらしい。

強化セカンダリードライブギアー再販開始予定無くなってから問い合わせが増えた

セカンダリードライブギアーの

再製作も企画しています。

前回作ったロットが幾つか出てきたので

ご入用の方はお早めに!

CP1号レーサーカウルフィッテング完了前回鈴鹿の1コーナーで大破したカウルも

仕様を変えてフィッテングが完了。

スクリーンと塗装は19日までに間に合わないので

とりあえずこの状態で走り納めになります。


marugo号仕上げ六日目

今回かなりスローペースですが、実働車を分解したのに

オリジナルの部品が結構不足していたりで、僕的にはNGです。

marugo号ウオタニコントロールユニットセッティングさて今日は間も無く火入れ予定なので

ウオタニのコントロールユニットの

チャンネルを設定、st2のハイカムが入っており

13,000rpmまで回ってしまうので

11,000でレブリミットを設定、後はエンジンとキャブの仕様でチャンネルを設定。

marugo号ステップ取付け (1)フレームに最後に取付ける部品は

ブレーキペダルとメインステップ。

せっかく全バラしたので主要部分は

全て再メッキしてありますが

今回、後でも交換出来る物は端折ってますので。

marugo号ステップ取付け (2)セルスターターモーターのターミナルカバー

これも朽ちていたので新品に交換。

こう言う細かな所がボディブローの様に

費用に加算されて行きます・・・

marugo号ステップ取付け (3)今後の課題としてはやはり

オイルシールホルダーや強化オイルポンプ

オイルクーラーも必要になってくると思います。



marugo号ステップ取付け (4)これでL側も完成です!

メインスタンドを取付けたので

作業もメンテナンスもかなり楽になりました。



marugo号タコメーターワイヤー (1)配線を束ねて、ワイヤー類を接続し

最終のチェックをしていると

タコメーターワイヤーに問題が・・・

ハンドルを右に切るとワイヤーはこんな感じ

marugo号タコメーターワイヤー (2)次に左に切るとタコメーターワイヤーが

ステアリングダンパーの取付けボルトに

引っ掛かり、ハンドルが切れない

メーターアップステーを付けているので

marugo号タコメーターワイヤー (3)タコメーターワイヤーも

スピードメーターワイヤーも

5cmロングを使わずにSTDを使っているのかな?

とりあえず処置を考えるまで

ワイヤーのルートを変更してますが、このままのルートで使うと

ワイヤーに負担が掛かり千切れるので、取付けボルトを交換する予定。

marugo号バッテリー充電完了 (1)バッテリーも弱っていたので

二日掛けてバッテリー充電完了。

これで各電装品のチェックも出来ます。



marugo号バッテリー充電完了 (2)バッテリーバンドも朽ちて

切れそうですが

とりあえず使ってみます・・・



marugo号サイドカバーサイドカバーはオーナーの希望で

アルフィンカバーに変更。

中々決まってますね!



marugo号バッテリー、エンジンガード、マフラー取付け (1)千切れそうなバッテリーバンドで

バッテリーを接続して固定出来ました。





marugo号バッテリー、エンジンガード、マフラー取付け (2)タロッティのエンジンガードも

取付け完了です。





marugo号バッテリー、エンジンガード、マフラー取付け (3)アゲインマフラー

1箇所加工して取付けましたが

ねじ山がかなりヤバイです・・・



marugo号バッテリー、エンジンガード、マフラー取付け (4)サイレンサーも

サウンドサイレンサーに交換。





marugo号バッテリー、エンジンガード、マフラー取付け (5)保安部品のチェックをした所

フロントのウインカーがアース不良と

ホーンも鳴らない、原因はアース配線が

無いのは分かっているので

明日もう一度チェックしますが、ウオタニを装着した事によって

バッテリーが持たない可能性があるなぁ・・・


本日のご来店

近くを通り掛ったのでとお立ち寄り下さったのは

171214ウルフ号ご来店先月納車出来たウルフ号。

調子も良く快適に走ってくれてます。

バイクを買った事もあり奥様孝行に

結婚20年を迎えて由布院へ

旅行に行ってきたそうです。



peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)治療 | レストア

2017年12月12日

案の定手のひら返し3

単純な事故なので簡単に話が進むと思っていたのですが
事故の相手側が案の定手の平を返すように
自分が加入している保険会社に対して
治療費も物損も認めないとごねだしましたが
相手の自賠責保険で120万円までは問題無く使えます。
任意保険に関しては、加入者が認めない限り
保険会社が過失割合によって支払う意思はあっても
支払えない状況となりますが
相手が穏便に済ませる気が無いのなら
ここから出番となるのが弁護士になります。
これも弁護士特約と弁護士費用特約に入っているので
問題なく弁護士にお願いする事が出来ます。
僕が以前から言う様に
事故が起きた時から裁判になると言う気持ちで
目撃者の確保や事故発生場所の写真を撮影し
裁判に備えるつもりぐらいの心構えでいるようにしましょう。
暫く時間は掛かるでしょうが徹底的にやります。


marugo号組立て作業五日目

熱は何とか下がってきたのでインフルエンザじゃなかったかなと?

marugo号ゴールドドライブチェーン (1)まず今日はmarugo号オーナー拘りの

ゴールドチェーンを取付けます。





marugo号ゴールドドライブチェーン (2)カシメて取付け完了です。







ヨシムラ、ウオタニ、ETC配線 (1)次に電装部品の配線を

仕上げて行きます。

まずはヨシムラのマルチテンプメーター

配線完了です。

ヨシムラ、ウオタニ、ETC配線 (2)次にETCの電源ラインに

ホンダ用サイズのギボシを打って

ハンダ上げしてイグニッションONの

電源ラインに割り込ませます。

ヨシムラ、ウオタニ、ETC配線 (3)最後にウオタニの配線。

これを端子上げしてカプラーに差込み

整線して仕上げます。



ヨシムラ、ウオタニ、ETC配線 (4)カプラー用ギボシをカシメて

これもハンダ上げして

カプラーに差し込みます。



ヨシムラ、ウオタニ、ETC配線 (5)これで配線関係の末端処理は完了。

後はシリコンコードを接続したら

ウオタニの配線は完了です。



ヨシムラ、ウオタニ、ETC配線 (6)ホーンを付けようと思ったら

配線を纏める為のクランプが

最初から無かったので追加して

ハーネスバンドでハーネスを

ヨシムラ、ウオタニ、ETC配線 (7)纏めればOKです。

取付けるとこうなりますね。

この部品が付いてないのは

ちょくちょくあります。

ヨシムラ、ウオタニ、ETC配線 (8)ウオタニのIGCをセットして

シリコンコードの長さを合わせ接続。

これで電装関係の作業も

完了しました。

marugo号オイルパン取付け (1)オイルパン、オイルフィルターを

取付けて、下回りの作業も

これにて終了。



marugo号ステップ組付け (1)再塗装したステップも組込み完了。

明日にはエンジンガードも含めて

マフラーも取付ける予定です。

今日は姫の事故対応で

相手方保険会社のアジャスターが中途半端な時間に来たので

今日はここまでで終了。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)レストア | 電装品

2017年12月11日

左直事故3

先日から体調が思わしくなかったのですが
昨日から咳きと鼻水と熱が出だし
今朝の体温は37.6度・・・
僕の平熱は低く平熱が35度〜35.5度なので
37.6度は普通の人の38.6度と言う高熱になります。
本当は今日も休みたかったのですが
ちょっとしたトラブルがあったので
その対応の為に通常営業をしています。


姫号左直事故

昨日は熱があり、自宅でゆっくりとしていたのですが

姫と一緒にツーリングに行った三代目から電話が鳴る・・・

大体こう言う時の電話はろくな電話ではない事が多く

出ると案の定姫の事故報告だった・・・

171210姫号左直事故 (1)事故の詳しい内容は余り書きませんが

時速30キロ程度で走行していた時に

前方を走る軽トラが左折する際

車体を右に振ってから左ウインカーを出し

171210姫号左直事故 (2)後方を確認せず急に左折して来たので

姫は右に回避したけど

間に合わず接触転倒と言うのが

今回の大体の内容。

171210姫号左直事故 (3)なので、バイクのダメージも右側に集中し

不幸中の幸いか、本人は打撲だけみたいで

今日病院へ行き診察を受けてきた結果

骨折も無く、全治1週間の診断書が出たそうです。

171210姫号左直事故 (4)軽トラを運転していたのは

割と高齢の方らしいのだが

降りて来る時に首を押さえて「首が痛い」と

芝居をこいて出て来たらしい。

171210姫号左直事故 (6)姫号のダメージは軽く見る限り

最悪はフレームのネックが曲がっている

可能性が大で、後は保険会社に

過失割合を決めてもらい

修理などの見積もりを作る事にします。

まぁこのパターンの過失割合は20:80ぐらいからスターとで悪くて30:70ぐらいでしょう。


marugo号組立て四日目自立

不足部品が入荷してきたので早速最終段階にはいります。

marugo号自立 (1)フロントタイヤホイールをセットし

自立の準備が完了しました。

ブレーキパットも交換するのですが

キャリパーAの中が錆だらけで

marugo号自立 (2)掃除に少し手間が掛かりましたが

これでフロントタイヤホイールの

取付けが完了しました。



marugo号自立 (3)そして新たにCP取付け推奨の

メインスタンドで数ヶ月ぶりに自立しました。

ここまで来れば後は早いのですが

体調が悪過ぎるのでギブアップ寸前です。

marugo号リアタイヤホイール (1)次にリアタイヤホイール。

ドリブンスプロケットが39Tになっているので

純正サイズの38Tに交換します。



marugo号リアタイヤホイール (2)作業的にはサクサクッと交換完了ですが

体力的にはヒィヒィと交換しました。





marugo号リアタイヤホイール (3)で、ヒィヒィと言いながら

リアタイヤホイールを装着。

多分体調が良ければ

今日中に仕上がっていたかも知れない・・・

marugo号ドライブスプロケット交換 (1)ドライブスプロケットは15T

エクストリームでもするのか?って言うぐらい

加速重視の仕様ですなぁ・・・

これじゃぁダブルも切れなくて当然です。

marugo号ドライブスプロケット交換 (2)純正仕様の17Tドライブスプロケットを

取付けました。

後はチェーンを張れば足回りは完了です。

残りはエンジンの仕上げと

marugo号電装関係取付け (1)電装品取付けで

少し休憩してから電装関係を

取付けました。



marugo号電装関係取付け (2)ETC本体もエアークリーナボックスに

ベルクロで固定して収納します。





marugo号電装関係取付け (3)アンテナの位置と配線を考えて取付け

ヨシムラのマルチテンプメーターも

取付けました。

配線関係は明日以降仕上げる事にします。

後はウオタニ配線、ETC配線、キャブレター分解チェック取付けで完成かな?


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)レストア | 修理

2017年12月09日

謎の激痛3

今朝目覚めると背中に謎の激痛が!
何処かの臓物がブローしてしまったのか?
何時も飲んでいる痛み止めを飲んでも
治まらないので、今日はどうしようかと思ってましたが
仕事に集中してたら、多少痛みは楽になった。
明日は定休日なので、ゆっくりする事にします。


marugo号組立て三日目

朝にオーナーがご来店され最終の打ち合わせをしました。

marugo号リア周り取付け (1)部品さえあれば今日中に

仕上がる勢いなのですが・・・

組付けをし始めると色々と

問題が出てきます。

marugo号リア周り取付け (3)とりあえずインナーフェンダーを

掃除して取付けました。





marugo号リア周り取付け (4)リアフェンダーを取付けようとした所

配線色は全部黒で適当な手作り

ハーネスグロメットも朽ちているので

この際なので全部交換する事に。

marugo号リア周り取付け (6)サブハーネスも新品になって

リアフェンダーの取付け完了。





marugo号リア周り取付け (7)リジットで取付けられていたウインカー

中でビスが外れているし

レンズのビスも一本脱落していた。



marugo号リア周り取付け (8)レンズを取外してみると

反射板の取付けビスが脱落していた。

リジット状態だと振動で

ビスが外れたり、球が切れたりします。

marugo号リア周り取付け (9)今回はそれを改善する為

純正ウインカーステーに交換。

これでリジットでは無くなりました。



marugo号電装系仕上げ (1)次にウオタニのコントロールユニットをセット。

純正キャブパワーフィルター仕様になるので

エアークリーナーボックス内に

ベルクロで固定して収納しました。

marugo号電装系仕上げ (2)ハンドルを取付けてステダンも取付け

メインハーネスを這わせて

配線関係を一緒に綺麗に纏めます。

後はETCの配線だけです。

marugo号電装系仕上げ (3)次にフロント周りをやっつけます。

メーター、ヘッドライトステーを取付け。

ワイヤー類も取回しを確認する為に

全部セットしてみました。

marugo号電装系仕上げ (4)ヘッドライトを取付けて配線を接続。

これでフロント周りの

電装関係はほぼ完了です。



marugo号電装系仕上げ (5)ハンドルスイッチもメインハーネスに接続

後はウオタニとETCの電源や

配線の取回しを考えるだけです。

月曜日には自立する予定。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)レストア | 部品

2017年12月08日

鈴鹿サーキット走り納めは19日3

先日の鈴鹿サーキットROCを1本半走っただけで
体重が3キロも減りました。
皆が寒いと言う中、一人汗だくになっていた。
その上〆のラーメンも食べているのに!
やっぱりバイクで走るのは健康に良さそうです。
それにピストンクーラーを取付けてから
エンジンが壊れなくなったような気がします。
予想以上に効果があるのかねぇ。
後入れてないのは、銀ちゃんとベホリのエンジンだけだ・・・


marugo号フレーム組立て二日目

フレーム用部品の発注を丸々忘れてたので

昨日は思う様に作業が出来なかった。

marugo号スイングアーム取付け (1)その部品が入荷して来るまでの間に

ご臨終だったスイングアームの

ピポットブッシュを圧入し

リアの回りの仕上げ作業から

marugo号スイングアーム取付け (2)リアはかなりガタガタだったと思います。

走る時も違和感はあったはずですが

こんなもんだろうとと思って

乗っていたのでしょう。

marugo号スイングアーム取付け (3)フレームにスイングアームをセット

センターカラーもグリスが不十分だったので

たっぷりとモリブデングリスを注入。

これでリアはかなりしっかりすると思います。

marugo号エアークリーナーボックス取付け (1)午後からは発注した部品が

入荷して来たので早速部品の取付け

まずはエアークリーナーボックスから。

サイドカバーグロメットも新品に交換。

marugo号チェーンカバー取付け (1)スイングアームが取付いたので

純正タイプのリプロチェーンカバーも

取付け完了です。



marugo号フロントフォーク取付け (1)トップブリッジをセットして

フロントフォークも取付け完了。





marugo号フロントフォーク取付け (2)フロントフェンダーも取付け完了。

フロント周りを仕上げ様かと思ったけど

ここでまた不足部品が出て来たので

今日はここまでで終了。

marugo号ブレーキパット使用限界明日はリア周りからかなと

部品のチェックをしていると

フロントブレーキパットが使用限界だった。

これも交換しないとダメですね。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(0)レストア | 部品

2017年12月07日

TMR-MJN入荷予定状況3

キャブレターテスト用車両に取付ける予定の初期ロット
ノーマルエアークリーナー用ヨシムラミクニTMR-MJNの
入荷予定が2018年1月20日頃目標で
セカンドロッドになる残りは2月下旬以降になると
ヨシムラジャパンから回答がありました。
セカンドロッドも予約が埋まっており
今の所、その後の納期は未定になってます。
一応セカンドロッドでファンネル仕様を
1基余分に発注してあるので、ご要望があれば
対応は可能だと思います。


marugo号フレーム組立て開始

作業に取掛かれるまでの間と、塗装などが仕上がるまでの間が

長くなってしまいかなりお待たせをしていたmarugo号の組立て作業に

marugo号フレーム組立て下拵え (1)今日から取掛かれます。

まずは養生を綺麗に剥がして

糊を洗浄したりタップを立てたりの

下拵えから

marugo号フレーム組立て下拵え (2)マスキングテープも塗料と同じ温度で

焼かれるので、糊も沸いてしまい

カチカチに固まるので

これを取るのも結構手間なんです。

marugo号フレーム組立て下拵え (3)純正ステムベアリングに変更するので

ベアリングレースを上下とも打込みました。

僕はテーパーローラーベアリングは嫌いなので

やっぱり純正が一番です。

marugo号フレーム組立てエンジン搭載 (1)元々メインスタンドは付いて無かったので

今回作業の都合上付けましたが

マフラーもアゲイン製になったので

メインスタンドはあった方が良いと思う。

marugo号フレーム組立てエンジン搭載 (2)とりあえずエンジンにフレームを

どーん!

何時もの逆パターンで

エンジンを搭載しました。

marugo号フレーム組立てエンジン搭載 (3)部品の発注を忘れていたので

大急ぎでフレーム関係の不足している

交換部品を発注しました。



marugo号フレーム組立てエンジン搭載 (4)ステムを取付けて

立たせようかと思いましたが

姫がオイル交換にご来店なので

今日はここまで。


姫号メンテナンス

今度の第二日曜日はCPの月例ツーリングの日なのですが

余りにも寒いので月例ツーリングの予定をしていなかった所へ

姫10日のツーリング準備にご来店 (1)姫がメンテナンスにご来店。

何でも下僕2号を引き連れて

岡山までツーリングに行くそうです・・・

(可愛そうな下僕2号・・・)

姫10日のツーリング準備にご来店 (2)姫号はエンジンオイルの交換と

オイルフィルターの交換。

エンジンの始動性が悪いので

ポイントの調整を実施。

これで10日のツーリングの準備は整いました。

10日7時にCP集合らしいので、下僕達はそのつもりで準備をしておいて下さい・・・


ヨシムラ手曲げマフラー修理

先日の淡路バイクフェスタで修理仕立ての

当時物ヨシムラ手曲げ修理 (1)当時物ヨシムラ手曲げマフラーが

売れたので、新たに探し出して来た

当時物ヨシムラ手曲げマフラーを

修理に出す事にします。

当時物ヨシムラ手曲げ修理 (2)今回も所々にダメージがありますが

貴重な当時物手曲げマフラーなので

ちゃんと修理してもう一度この世に

再生させて使います。

当時物ヨシムラ手曲げ修理 (3)まだ修理から1本戻って来ていないので

年内の再生は無理だと思います。

もうそろそろ手曲げマフラーも

見つけにくくなって来たので

手に入る内に確保して置かないと!


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(6)レストア | メンテナンス

2017年12月05日

1コーナー飛出しクラッシュ3

今日は結構な筋肉痛となり辛いのですが
こんな時に限ってやる事が増えて
ゆっくりりもしていられません。
年老いて筋肉痛の身体と折れ掛けた心と
壊れたマシーン・・・
19日までに復旧しないと!


17/12/4鈴鹿サーキットORC

この日はCB400Fレーサー達が集まってサーキット走行を楽しむ集い。

171204鈴鹿サーキットROC (1)激しい遠足病の為、深夜2時に起床し

銀ちゃんと何時もより早く鈴鹿入り。

マシーンの仕様を変更したので

軽く調整するつもりで走るはずだったのですが・・・

171204鈴鹿サーキットROC (2)完成形に近づいてきたベホリR。

マシーンのスペック的には僕の方が上なんだけど

圧倒的な体重差でせっかくのマシンスペックが

無駄になっている事は周知の事実です。

171204鈴鹿サーキットROC (3)まっきーRも久々に登場。

車体には色々と拘りや

秘密のパーツを取付けているので

カスタムパーツの参考になりますね。

171204鈴鹿サーキットROC (4)現役プロレーサーの小室 旭さん

今回は街乗りのサーキット仕様号。

タイヤはTT100GPでエキスパートクラスを

走るのですが、流石プロで

TT100GPでも4秒台で走るのは圧巻の走りでした。

171204鈴鹿サーキットROC (5)職業ライダーの異名を持つ

還暦ライダーのY崎さんも参戦ですが

てっきりCB400Fで来るのかと思っていたのですが

初めての鈴鹿サーキットなので

乗り慣れたマシーンで走行と言う事らしいです。

171204鈴鹿サーキットROC (6)銀ちゃんR号も仕様変更後

初の鈴鹿サーキット。

僕と同じく足回りのセッティングチェック。

でも特に弄る必要も無くバッチリだったらしい。

今よくよく画像を見ると、皆のレーサー号CB400Fのエンジンは

全部僕が組んだエンジンで、今更ながら良いレーサーエンジンだと思った。

171204鈴鹿サーキットROC (7)そして1本目を走行。

結構な渋滞具合で中々クリアラップが

取れなかったのですが

足回りの状態はかなり良い感じです。

調子に乗った所で2本目はタイムアタックしたのですが

結果ホームストレートで呼吸をするのを忘れてしまい

脳が低酸素状態になっていたと思います。



5速から4速に減速した事も記憶に無くて

気付いたら、1コーナーを曲がれる所にバイクが無かったので

そのままグラベルへ入り転倒・・・

171204鈴鹿サーキットROC (8)ポジションが低くなった事と

体重が増えてしまい

十分に呼吸が出来ていなかった事が

今回ブラックアウト寸前の状態になったかも・・・

171204鈴鹿サーキットROC (9)呼吸を忘れる事なんて無いと

思うかも知れないけど

鈴鹿のホームストレートを走ると

時々呼吸していない事があるのが

分かると思います・・・

幸いグラベルでかなり減速してからのボテごけ程度なので

中古の軽四が買える、無敵のGENIUS鎧のお陰で怪我は一切ありません。

CP1号レーサー復旧作業2017 (1)そして今日、割れてしまったカウルを

取外しましたが、このカウル

復旧不可能なのは明白な状態です。



CP1号レーサー復旧作業2017 (2)グラベルに入ると、エンジンフィンは

こんな状態になります。

これを丁寧にフィンを割らないように

1個ずつ取外して行きました。

CP1号レーサー復旧作業2017 (3)アンダートレイの中には

1コーナーに行かなければ

手に入らない鈴鹿の砂利が

たんまりと入ってます。

これを瓶詰めにして、お洒落なキーホルダーにして販売しようかな・・・

CP1号レーサー復旧作業2017 (4)転倒すると大体割れるプラグキャップ

今回も#1のプラグキャップが

見事に割れてました。

綺麗に掃除してFCRもチェック完了。

CP1号レーサー復旧作業2017 (5)CP1号レーサー復旧作業2017 (6)







2018年のCP1号レーサーのイメージはこうなる予定です。


marugo号フレーム塗装完了

この時期塗装屋さんも忙しく、結構時間が掛かってしまったのですが

marugo号フレーム塗装完了やっと塗装が仕上がって戻って来た

marugo号のフレーム小物一式。

明後日から本格的に

組立て作業に取掛かります。

劣化して交換する部品次第にもなりますが

早ければ今月中頃には復活予定のつもりです。


peke_cb400f at 18:00|PermalinkComments(2)修理 | 部品